業界スコープ

【春の悪徳企業告発キャンペーン】ワイエムエス企画株式会社の実態 Part2

ワイエムエス企画株式会社による告発キャンペーンを展開しておりますが、
代表取締役である坂手國徳による悪事の数々を公表させて頂きたいかと
思います。
話が長くなりますので、途中から追記に書きますので文末左手下部に
「read more」という記述をクリックしますと、文書を通しで読むことが
できますので、お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い
申し上げます。

告発までの経緯について
平成24年10月頃から坂手國徳は大手分譲住宅販売会社のP社より内装工事の
仕事を獲得するべく奔走しておりました。
そして筆者の後輩達に対して職人がいないかとうろついておりました。
たまたまだったのですが、筆者が悪徳運送会社から引き上げたばかりで
資金が行き詰まった状況あり、現金が必要という事もあり、看板持ち
仕事を某氏を経由して引き受けたことが筆者と坂手國徳と知り合うきっ
かけになったのであります。

看板持ち 看板持ち(イメージ画像です)

坂手國徳は筆者に対して日当11,000円で当月28日払いで、誰でも簡単に
出来ると言って筆者との間で雇用契約を締結(口約束ですが)をしたのです。
これと平行して坂手國徳は親方の某氏を雇い入れた上でさいたま市にある
材料店から高圧コンプレッサークギ打ち機ネジ打ち機を購入するため
見積を取っていました。
11月中旬から坂手國徳は工事を着工するにあたっての準備を親方の自宅倉庫
にて始めましたが、ここで大きなアクシデントが発生しました。
それはと言いますと、親方がドリルでアングルに穴を開けた際にドリルの刃が
折れて2針も縫うケガをしたのであります。
この準備期間の間に坂手國徳は筆者に対して様々な嫌がらせを展開しました。
①筆者の自宅の家賃についてケチをつけて親方の隣の空き家に移転させようとした
②筆者の携帯電話の台数や通信費についてケチをつける
③某氏に対して苦情と称していやがらせの電話を掛ける
等の行為を行ったのであります。
この間ですが、着工する物件が2転3転しましたが、最終的に川口市の物件で
決定しました。

川口の物件 騒動の舞台の川口市の物件

11月下旬に着工物件が決まり、P社本社にて監督さん達と顔合わせをしましたが、
坂手國徳は埼玉土建さいたま北支部の求人広告にある教育をここでは行うことなく
労働者名簿をP社に引き渡して挨拶をしただけだったのであります。
この事が後に大きな問題になろうとは思ってもいなかったのは事実です。

埼玉土建さいたま切り抜き コピー
坂手國徳が埼玉土建さいたま北支部のHPに掲載した求人広告
広告には「未経験でも講習がありますのでご安心下さい」と記されておりますが、実際には何の講習や
教育は一切行われておりません。
他社の求人も混ざっておりますので、画像に編集を加えてあります。
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


12月3日、坂手國徳は材料店に頭金20万円を支払い、あらかじめ見積をして
あった高圧コンプレッサーとクギ打ち機とネジ打ち機を受け取り、12月5日に
工事を着工させました。

ところが工事を着工したのと同時に問題が次から次へと噴出する事態
になりました。
それはと言いますと、仕事のやり方を全く教育もされていなかった事を
巡ってのトラブルだったのです。
この建物は地震等の強度をボードで持たせるという設計であり、独自の
やり方があったのですが、そのことを一切教えていなかった事とP社独自
の方法があり、一般の方法とは違うやり方があったのです。
おまけに材料搬入時に坂手國徳は安全帯を着けた状態で仕上がった所を歩いて
壁等に傷をつけた事から他の大工さんから筆者にクレームが飛んできたり、
ボードの端をおっかいて(建築用語 ボード等の角を折ったりしてダメにすること)ボロボロに
していた事から次第に他の棟で仕事をしていた大工さん達が心配し出す
状態になり、現場が空転し、周りからは素人かという声が上がる始末
だったのであります。
その最中に坂手國徳は筆者に対して次々と嫌がらせをはじめたので
あります。
①遅いと難癖をつける
②寸法をあちこち計っていると難癖をつける
③某氏に対してクレームと称して嫌がらせの電話を掛ける
これらの行為が日増しにエスカレートしたことにより、筆者はイラつく
状態になったのです。
そして坂手國徳はさいたま市内の別の大工を入れたあたりから筆者に対して
「これじゃ金は払えない」「看板持ちしかさせられない」等と暴言を
吐いたことから筆者は12月15日昼をもって引き上げる事態となりました。
そして支払いを求める電話をしたところ、「儲かったら払ってやる」
「今は金がない」等の暴言を吐き、一方的に電話を切りました。
12月28日に支払いが行われなかった事から筆者は直接現場に集金に行った
のですが、「請求書を出せ」と言いましたので、請求書を提出したところ
「こんな金額、認められない」と難癖をつけて支払いを拒否しました。
この後、誰だか知りませんが未払い賃金を巡るチラシが出回ったという
情報が入ったあたりから筆者が電話をかけてもボイスメモで対抗するなど
の手段で坂手國徳逃げ回るようになったのです。
そして親方も12月28日に「もう来なくてもいい」と坂手國徳に言われた
どころか筆者と同様に支払いを逃げていることから埼玉土建に相談を
することになりました。

埼玉土建a
埼玉土建さいたま北支部(筆者撮影)
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


親方が埼玉土建に相談を持ち込んだことから坂手國徳は呼び出しを受け
たと思ったら「お前らが現場をメチャクチャにしたんだ」等の暴言を
吐き、「材料代の77万円を(親方 筆者)払ったら仕事を回してやる」等の
とんでもない暴言を吐いた上で支払いを親方と筆者にさせようという
支離滅裂な暴言を吐き、逃げ回っております。
その間にも坂手國徳による嫌がらせの電話が某氏に行われていたこと
から内容証明郵便で賃金の支払いと某氏への嫌がらせ電話をやめるように
警告を行いました。

内容証明1ページ

内容証明2ページ

配達証明  受領書
平成25年2月27日に発送した内容証明郵便
それぞれの画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


ですが、今現在も坂手國徳は某氏に対して相変わらず筆者に対する嫌がらせの
と「看板持ちをやらないか」と執拗に警告を無視した電話をかけており、苦情が
絶えない状態であり、親方にも賃金を支払わずに逃げ回っていることから今回の
キャンペーンを展開することになりました。
筆者から読者の皆様にお願いですが、今回の坂手國徳による一連の嫌がらせと
賃金不払いについて抗議をお願いします。
編集部としましては、今回の坂手國徳による不払いによる財政の逼迫状態から
脱するためにも今回のキャンペーンを展開しておりますが、坂手國徳だけで
なく、こういった社会の悪と戦う方針でありますので、ご声援の程、よろしく
お願い申し上げる次第であります。


関連記事

2013/03/27(水) | ワイエムエス企画問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1075-85f2c63d
 |  HOME  |