業界スコープ

2011年東北地方太平洋沖地震から2周年を迎えるにあたって

2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震から本日で2周年
迎えるにあたって筆者・編集部から被災者の皆様にご挨拶と共に
お亡くなりになられました方々に対してまして哀悼の意を表させて
頂きます。

この東北地方太平洋沖地震が発生してからはや2年を迎えましたが、
震災前の状態になるまでの険しい道のりというべき苦しい状況が
続いていることを当編集部では震災発生時よりお伝えするだけで
なく、募金活動への協力や計画停電等のアクシデントに対して
非常電源装置の制作の方法やマスコミによる震災情報について
当ブログ内において協同する情報伝達を行ったり等の方法で
少しでも被災者の皆様のお役に立てる記事で応援活動を展開して
まいりましたが、先日からのマスコミ報道を見ておりますと、
本日付けで福島第一原子力発電所の損壊によって福島県から避難されて
おります被災者の方が国と東京電力株式会社に対して巨額の損害賠償の
請求について訴訟を提訴されたことだけでなく、原子力災害への補償の
請求を巡るトラブルや、被災地にあります仮設住宅の入居期限の問題や
子どもの教育問題等や集団移転や風評被害などに被災者の皆様が苦しんで
おられることが報じられており、筆者及び編集部としましてはこれらの
状況を考えますと不憫でならないのは事実であります。
これら被災者の皆様がおかれております諸問題を一個人が解決するのは
容易ではありませんが、筆者・編集部としましてはより一層被災者の
皆様のお役に立てる記事で復興の応援をさせて頂きたいかと思います。
これら被災者の皆様がこれだけの問題を抱えているにも関わらずお役人
依然として国家規模の大災害のことや復興について他人事にしか考えて
いないのは事実です。
震災発生から一ヶ月もしないうちから今日に至るまで当ブロググループに
対する公用回線での違法閲覧攻撃が依然として続いているのは事実であり、
本日も法務省の公用回線が当ブログに対して違法閲覧攻撃を行っていたのは
事実であります。
こういった行為を行うお役所は頭脳レベルが幼稚園児以下であり、被災者の
皆様の復興について何も考えていないで税金を湯水の如きに浪費するだけで
しかありませんので幼稚園児以下の頭脳しかないお役人について筆者・編集部
では憲法15条に基づいて罷免させて頂きたいかと思います。

筆者及び編集部としましては未曽有の災害の復興についてこれからも
皆様のお役に立てる記事で応援して参りますので、今後ともよろしく
お願い申し上げます。

                     2013年3月11日

                       業界スコープ編集部
                       業界レーダー編集部
                       公用回線ウォッチャー
                        編集長 業界のフォーカスマン


関連記事

2013/03/11(月) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1068-da85371a
 |  HOME  |