業界スコープ

3月6日(2013年)

今日は3月6日、筆者にとってはあれから(誠明学園に入って)数えて29年に
なります。

昨年一年を振り返りますと、児童自立支援支援施設の業界では脱暴力・非暴力
宣言したはずの大阪市立阿武山学園で生徒への暴力事件が発生しただけでなく、
児相の業界では当編集部を誹謗中傷したり、誠明学園暴力問題職員が所長に
なったり、児童の拉致問題等で悪名高い墨田児童相談所が児童の虐待詐欺を
巡って8月に東京地裁に提訴が行われる事態になったのは事実であります。
それだけでなく、ある老人施設での職員による入所者への暴行の模様が
ビデオに撮影されてマスコミ報道された事件や横浜の障害者施設での性的虐待
事件や滋賀県大津市と大阪府大阪市での高校での生徒自殺事件等も起き、
世の中が施設内暴力虐待や体罰について、世間が関心を示すようになったのは
事実でありますが、誠明の業界を見渡して見ますと相変わらず29年前のままで
あることは事実であり、先日も某OBが誠明学園に電話をしたところ、スーパー
問題職員YAが応対に出てお話をされたそうでありますが、昔のままであった
というお話が編集部に寄せられているだけでなく、誠明の業界では相変わらず
児童・生徒への暴力虐待が続いている現状からして平成も25年になった
現在においても昭和の時代からの悪い伝統が続いているが現状であります。
このように、誠明の業界を見ておりますと、昭和時代からの悪い伝統を変えよう
しないのか疑問であるのは事実であります。
いい加減にこういった悪い伝統から脱却して、過去の清算を行った上で、
新しい風を入れて変わる事を誠明学園のOBだけでなく、現場にいる児童や
生徒は待ち望んでいるのは事実であります。

筆者及び当編集部としましては今後も引き続き、施設内暴力と虐待追放の
運動を展開して参りますので、読者の皆様におかれましてもご声援を
よろしくお願い申し上げます。


                      2013年3月6日

                    業界スコープ編集部
                    業界レーダー編集部
                    公用回線ウォッチャー

                     編集長 業界のフォーカスマン

関連記事

2013/03/06(水) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1065-57e13aae
 |  HOME  |