業界スコープ

昭和62年のバリカン事件を巡る金銭問題に決着がつきました(平成元年)

昭和62年7月22日に発生した地上げ屋職員YAによるバリカン事件ですが、
問題職員NOが不法に徴収した筆者に対する不当な請求について1年近く
返還を巡る交渉を1年近くに渡って行ってきましたが、ようやくピリオドを
打つ事になりました。

矢島洋バリカン事件公開用
バリカン事件直後に撮影された筆者の被害についての証拠写真
(昭和62年7月静岡県沼津市大瀬館にて撮影)
写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

平成元年10月17日(スーパー問題職員YAによる田無事件の日ですが)突如ですが、
筆者の三和銀行四谷支店(現・東京三菱UFJ銀行)の口座に振込がありました。
通帳にて確認してみますとHY教護係長の個人名での振込でした。
そこで筆者は誠明学園に電話をかけ、HY係長に確認をしたところ、
バリカン修理代金の不当徴収の返還」であることを確認しました。
このことから、昭和62年に発生したバリカン事件を巡る金銭問題に終止符を
打つ事になったのは言うまでもありませんでした。
そこで筆者は金銭の返還が行われた事を確認しましたので、牛込郵便局から
10月27日に領収書を配達証明郵便で発送しました。

書留受領書 コピー
郵便局の書留受領書(控)
画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


東京都福祉局(現・福祉保健局)
領収書¦関岡宛 コピー 配達証明関岡 コピー
それぞれの画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

誠明学園
領収書¦小沼宛 コピー 配達証明小沼
それぞれの画像をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

バリカン事件を巡る金銭の問題は解決されましたが、地上げ屋職員YAからの
謝罪は25年経った現在でも未だになく、今日まで来ているのは事実です。
この問題を含め、誠明学園の職員による暴力や虐待について筆者だけでなく、
関係者をトラウマやPTSDなどに苦しめられているという状況は変わっていない
のは言うまでもありません。

筆者はこの記事を事件から25年を経過してから書いておりますが、
当時を思い出しますと、16歳で親の援助もなく一人で東京都を相手に争った
わけでありますが、お役人相手に争うことの難しさを実感させられたのも
事実であり、後に展開する施設内暴力・虐待追放運動に役に立つとは
思ってもいなかったのは言うまでもありませんでした。



関連記事

2012/10/21(日) | 地上げ屋職員YA | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1024-f33cae36
 |  HOME  |