業界スコープ

祖父の死(平成元年)

以前の記事でお話した祖父祖母の入退院の繰り返しの問題ですが、
夏を迎える前あたりから、祖父の容体について様々な話が親戚の
間から出ておりました。
そして秋を迎えた当たりから頻繁に筆者の父が親戚から呼び
出されて病院に行っていたことを覚えております。
そして、ついに恐れていたXデーを迎えることになったのであります。
臨終に際し、病院にいた親戚と筆者の父は最後の末期の水を行い、
父の兄弟の長男(後にとんでもない騒動を引き起こします)が喪主となり、
葬儀を府中市にあります日華斎場で行うことになりました。
当日ですが、葬儀に出席するために社長のSAさんが筆者の家族を
葬儀場まで甲州街道(国道20号線)を使って送迎してもらったことを
覚えております。
そして長かった祖父の闘病生活はピリオドを打つ事になりましたが、
筆者からすれば一つの時代が終わったようにな気がします。

ですが、ここからさらに事態はとんでもない展開をすることになろうとは
思ってもいなかったのは事実であります。


関連記事

2012/09/23(日) | 生活/筆者の身の回り編 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1016-af3eff8d
 |  HOME  |