業界スコープ

トラックdeグルメ(part1)

最近、筆者は全国を4t車で飛び回っておりますが、長距離運行をして
おりますので様々な土地を巡っております。
この長距離運行の中で一番経費がかかる部分と言えばズバリ「食費」
あります。
少ない経費から食費を捻出するため筆者は様々な工夫を行っております。
今回はその一例をご覧に入れたいかと思います。
話が長くなりますので、2部構成で進めたいかと思います。

筆者のトラックには軽食からちょっと凝ったものでもできるように
・ガスコンロ(イワタニ製の小型で少々価格が高いです)
・クーラーボックス(12リットルで外側にも汎用のクーラーボックスをかぶせて断熱しております)
・やかん(1リットル)
・鍋(行平鍋)
・包丁(警察の職質と銃刀法対策として刃先の丸い安全な小型のものを搭載しております)
・まな板
・水タンク(5+8リットル)
・ポット(1リットル)
等の調理器具を搭載してあります。
最小限度の調理器具でまず作れるものと言えば定番の
ラーメン カレー クリックすると、大きな画像でご覧頂けます。
ラーメン        カレー でありますが、筆者の場合元自衛官という経験が
ありますので限られた器具で調理をすることができますが、これでは栄養が偏って
しまいますので行く先々のスーパーを利用して食材を調達するようにしております。


それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます

高浜町刺身2 刺身定食(福井県高浜町)

はまち定食 はまち定食(兵庫県加西市)

浜田町いか刺身 いか刺身定食(島根県江津市)

幸いなことなのですが、筆者が定番で通行しております国道9号線は日本海に面して
おり、新鮮なお魚が容易に安く入手できますので活用しております。
写真にありますご飯と味噌汁はインスタントを利用しておりますが、自炊すれば
もっとおいしく頂けるかと思います。



【警告】ご注意頂きたい事【重要】
筆者は車両内でこれらの調理を行っておりますが、ガスコンロ等の火気を
使用しておりますので、読者の皆様におかれましては酸欠等の事故防止の
観点からできる限り車外で調理をされることをおすすめいたします。
※ガスコンロのメーカーからは説明書において車内での使用はしないように
  警告が出ております。


酸  欠  事  故  防  止  の  た  め
必ず左右の 換気に注意 窓を開けること

筆者の場合、酸欠や安全について学んだ上で独自の基準を作って
実施しております。(一例です)
・窓を開けられない(雨・強風等)時は火気使用はしない
・換気が悪いと思われる場所では火気使用は実施しない
・炒め物などにおいが出る物は車外で調理する
・夏期等でエアコンの使えない時は火気使用はしない
・エアコンの外気循環機能が壊れている時は火気使用はしない
・周囲の安全が確保できない時は火気使用はしない
・火気使用終了後は直ちにコンロからボンベを取り外す

これらの警告文はPL法及び皆様の安全を確保するために掲載しております。
これらの警告を守らなかったために事故が発生した場合の責任は負いかねます
のでご注意下さい。





次へ進む




関連記事

2012/09/17(月) | Kitchen Studio | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://gyokaiscoop.blog120.fc2.com/tb.php/1014-b93ce4f4
 |  HOME  |