業界スコープ

業界スコープは今年で10周年を迎えます


平成19(2007)年9月23日に業界スコープは編集部の設立と創刊号を発表してから
今年で10周年を迎える運びとなりました。

業界スコープ創刊10周年記念ロゴ
創刊10周年記念特製ロゴ(筆者制作)

今日、ここまで来られたのも読者の皆様の絶大なるご応援やご協力の賜物であり、
筆者・編集部としましては感謝と御礼を厚く申し上げる次第であります。
この10年を振り返ってみますと、世の中では様々なことがありましたが、一方で
施設や児相や行政を見ておりますと、相変わらず昭和の時代を引きずったままで
あります。
誠明学園を含む児童自立支援施設や養護施設では相変わらず職員による暴力と
虐待が横行し、未だに被害者を増やしているのが現状です。
それに対して一部では裁判が行われ、被害者が勝訴して賠償金を勝ち取った事件
もあり、その一方で児童相談所は様々な悪辣な法律改正を悪用して、児童を勧誘
詐欺から虐待とDV詐欺を敢行して被害者を出し続けているのが現状であります。
だからと言って保護者の方も努力を重ね、児童相談所に証拠保全(通称ガサ入れ)を
行ったり、裁判で戦っている状況が続いております。
これら児童相談所と施設と行政の暴走ぶりを見ておりますと、筆者・編集部としましては
本当に呆れているのが現状ではありますが、今年はちょうど子供の権利条約に基づく
調査年度であり、代替報告書を提出するために様々な方が活動をしております。
これらの動きを見ておりますと、世間の動きが日本国内にとどまる事なく国際社会に
対して日本の児童相談所や施設の傍若無人ぶりを発信する事によって日本を変えようと
する動きが始まったのは云うまでもありません。
筆者・編集部としましては、この動きに対して協力をし、一日も早く保護者の元にお子さんが
戻られる事を祈る次第であります。
そして子どもが戻ってきたら終わりではなく、児童相談所や施設が行った犯罪についての
責任を追求する必要があるのは云うまでもありませんが、お子さんが受けた損害やトラウマ
等お金では解決できない問題もありますので、アフターについても考えなくてはなりません。

このような中で当サイトは10周年を迎える事になりましたが、残り少ない後半では、
様々な記事をご用意する予定をしておりますので、今後ともによろしくお願い申し上げます。

読者の皆様、本当にありがとうございました。
筆者・編集部では今後とも引き続き皆様のお役に立てる記事で邁進して参りますので
よろしくお願い申し上げます。


                                2017年9月17日

                                  業界スコープ編集部
                                   編集長 業界のフォーカスマン








2017/09/17(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【J-アラート2回目】北朝鮮がミサイルを発射しました

本日午前6:57分頃、北朝鮮がミサイルを発射しました。
報道等によりますと、今回は前回の発射距離が3,700mと1,000Kmを
上回る勢いで換算しますと、グアム島を射程圏内に入れられる距離であり、
ある意味で北朝鮮のミサイル技術が急速に進歩している結果を示す結果と
なりました。
今回も北海道を通過しておりますが、このままですと、東京上空をミサイルが
通過することも可能であり、恐怖の戦慄を覚えたのは事実であります。
日本もミサイル防衛について考える時期が来たのは事実でありますので、
読者の皆様にはミサイルでの被害に遇わない様に防衛手段について
検討をすることをおすすめします。


本日のミサイル発射ですが、筆者は発射された時間には草加市内におり、
びっくりさせられたのは事実であります。
筆者としましては平和ボケしている場合ではないという事を思い示されたのは
事実であり、いつ、日本がミサイルで被害に遇うのかという事を認識させられました。
今後も、北朝鮮はミサイルをいつ発射してもおかしくありませんので読者の皆様には
ミサイル被害についての防衛についてお考え頂きたいかと思います。


2017/09/15(金) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

筆者の近況

季節は夏から秋へと変わりましたが、筆者の激務ぶりはいつもの如きに
続いております。
今年の夏から秋への変化のしかたが例年と違い、残暑が続くかと思えば
雨が多く、晴れたと思ったら急激に暑くなるという事を繰り返している気が
しております。
この最中に北朝鮮核実験をしたり、ミサイルを日本方向へ飛ばしてJ-アラートが
作動する騒ぎとなっており、いつ、又実験を行ったり、戦争が始まるのか戦々恐々の
状態ではありますが、北朝鮮にはおだやかな暮らしを壊さないで欲しいと思う
この頃であります。

この最中でお酒プロジェクトを進行するために当編集部では新たなソフトウェアの
導入を迫られる事態となりました。

Microsoft office 365 著作画面
新たに導入したMicrosoft Office 365の画面です。

今回導入を迫られた原因ですが、元請けの会社側が月報を提出して欲しいと云う
要請があり、要求に応えるために苦渋の決断を迫られ、導入しました。
以前、当編集部でもこのMicrosoft Office を使用しておりましたが、老朽化したため、
買い換えを予定しておりましたが、予算が付かず、Open officeに切り換えましたが、
先方のクライアントがMicrosoft Office を使用している事が原因でした。
今回、当編集部ではリース形式で導入し、支払い方法として月づき又は年間一括の
プランがありますので購入に伴う大きな費用を抑える事ができました。
そしてこのプランにはクラウドストレージが1TBも用意されているばかりでなく、
スマホやタブレット2台までのソフトウェア利用料もその中に含まれて
おりますので経済性の面でも有利かと思います。
当編集部にはI-padとI-phoneがありますが、それらの移動端末機器にもソフトを
搭載することができますので、これらのofficeソフトと従来から搭載されております
ソフトと併せてかなりの機動力を発揮する事になるかと思います。
ちょっと費用が嵩みましたが、仕事の効率化ができる事に期待しております。

MicrosoftMicrosoft Office は米国Microsoft社の登録商標です。

急な出費の話にはなりましたが、季節は刻々と冬の方向に向かっては
おりますが、読者の皆様には秋を思いっきり満喫して頂ければと思って
おります。


2017/09/08(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

9月1日(2017年)

本日は9月1日です。
暑かった夏も終わり、季節は秋を迎えました。
本日の東京は曇りぎみで気温も下がり、秋の訪れを思わせる陽気でした。
ですが、台風15号が接近しておりますので、秋の台風の情報には十分
ご注意頂きたいかと思います。
こんな感じではありますが、台風が去った後には残暑が予想されますので
読者の皆様には引き続き、熱中症にはご注意頂きたいかと思います。



2017/09/01(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2017年8月)

本日は8月31日、激動の2017年の夏も終わりを告げようとしております。
筆者は相変わらずお酒プロジェクトと編集部の業務に追われる日々でした。
読者の皆様にとって2017年の夏はいかがだったでしょうか?

今日は最終日ですので、今月1ヶ月を振り返ってみたいかと思います。


長野県佐久市荻原瞬問題
荻原瞬が処分保留で釈放されている事が判明しました
先月23日に仲間への脅迫容疑で警視庁に逮捕されました長野県佐久市の
チンピラでおなじみの荻原瞬が処分保留で釈放されていた事が判明しました。
今回の逮捕を受けて警視庁昭島署との電話の中でこの衝撃的な事実を
知ることになるとは思いにもよりませんでした。
記事でも書きましたが、佐久市民の皆様には荻原瞬の今後の動向にご注意
頂きたいかと思います。


児相問題
千葉県と千葉市の児相の醜態ぶりについての暴露キャンペーンを行いました
ただでさえ児相による拉致被害について当編集部では様々なキャンペーンを
展開しておりますが、職員が外車を公務所の駐車場に横付けしたり、税金を
ムダに使ったりの醜態の数々について暴露キャンペーンを展開しました。
筆者としましてはここまでの醜態ぶりには取材をしていて呆れました。

児相と警察による拉致強化月間について非難と啓発キャンペーンを行いました
保護単価達成ノルマのために多くのお子さんが犠牲になり、施設内暴力と
虐待被害者となり、人生を棒に振る人生を歩ませる児相による子どもの
拉致が後を絶たない最中に今年も警察とグルになっての拉致強化月間
での被害を防ぐ意味で当編集部では7月から継続して啓発キャンペーンを
展開しました。


北朝鮮問題
北朝鮮がミサイルを発射し、とうとうJ-アラートが作動する事態になりました
29日の事ですが、早朝5:57分頃に北朝鮮は弾道ミサイルを発射しました。
今回の発射で日本国内では初めての国民保護情報のJ-アラートが作動し、
北海道をはじめとして東北や北関東の一部の道府県に緊張が走りました。
今回は射程を1/2程にしたと報じておりますが、日本やアメリカへの脅威が
段々と現実化してきた(戦争でも始まるか?)ような気がしました。
いい加減に北朝鮮はミサイルや核で世界と孤立するのではなく、平和に
そして最終的には南北統一について考えるべきだと思います。


筆者・編集部
お酒プロジェクトに追われる毎日でした
以前、この時期はコンビニではジュース投げに追われている事を書きましたが、
今年はお酒プロジェクトでビール樽+ビンビール+チューハイ+炭酸水+割材投げに
追われました。
初めてのお酒プロジェクトの夏でした。途中で軽い熱中症にかかりヒドイ目に
遇いましたが無事に夏を乗り切る事ができました。
ですが、まだまだ残暑は続きますので皆様も熱中症にはご注意下さい。


筆者としまして、今年の夏は衝撃的な事が次から次へと起こったような
気がします。
こうして今年の夏を振り返りますと、これらの事もあり、あっと言う間だった
ような気がします。
来月は9月1日、秋に突入しますが、まだまだ暑い日が続きますので、
読者の皆様には熱中症には十分ご注意頂き、楽しい秋をお迎え下さい。


2017/08/31(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【国民保護J-アラートが作動】北朝鮮が弾道ミサイルを発射しました

本日午前5時57分頃、北朝鮮が平壌近郊の順安(スナン)地区から
弾道ミサイル1発を発射しました。


NNN24オフィシャルYouTubeニュースより

弾道ミサイルは北海道の上空を超え、発射から約14分後に襟裳岬から
約1,180Km付近の太平洋上に落下しました。
この弾道ミサイルの発射を受け、日本では北海道から北関東の12道県に
対してJ-アラートによる国民保護情報が発表され、陸海空の長距離交通
機関が一時発着ができなくなったり、学校が臨時休校になるなどの影響が
出ました。



本日、北朝鮮弾道ミサイルを早朝から発射したニュースを先程見ましたが、
とうとう、J-アラートが起動する事態となり、筆者としましては大きな局面を
迎えた気がしてなりません。
ニュースによりますと、北朝鮮はいづれハワイのグアムにミサイルを到達
させるという物騒な事を発言しておりましたが、言葉が現実の方向に
向かっているのは事実であり、日本も含め、アメリカも弾道ミサイルの脅威に
さらされているのは事実であります。
発射された時刻に筆者はお酒プロジェクトの積込み基地に向かう為に
某バイパスを走行しておりましたが、何事もなく通常どおりでした。
北海道を初めとする対象地域の皆様にとって初のJ-アラートを経験する事に
なりましたが、今後の北朝鮮の動向には十分お気をつけ頂きたいかと思います。
対象地域の皆様には本当に早朝からの出来事でお疲れかと思いますので
本日は早めにお休み頂ければと思っております。




2017/08/29(火) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

【警視庁は何してるんだ!】荻原瞬が処分保留で釈放されました

先日の記事で筆者が一連の平成24年の事件について警視庁に相談すると
云う事をお伝えしましたが、先週18日の筆者と昭島署との電話の話の中で
何と、荻原瞬が今回の脅迫事件について処分保留のまま釈放
されていた事が明らかになりました。

荻原瞬平成29年 処分保留釈放された荻原瞬(35)

ですが、昭島署の話によりますと、今後もこの件の捜査は継続するとの事
との事ですが、荻原瞬を巡っては今回の事件以外にも筆者の件や様々な
違法行為について某BBS上で云われており、犯罪のデパートと云っても過言
ではないのは事実です。
今回、筆者は昭島署との電話の中でこれらの一連の犯罪等の情報を伝え、
捜査をするべきだという事を話し、警察側はこれらの情報を上部へ伝えると
話しておられました。
ですが、今回の釈放はある意味で佐久市や周辺市町村からすればトンデも
ない事であり、ただでさえ町の治安が悪化している最中に野獣を放つのと
同じでありますので、市民の皆様には荻原瞬の今後の事件の発生には
警戒が必要です。

筆者としましては頭の痛い、佐久市チンピラの荻原瞬のトンデも騒動
だったと思います。


2017/08/20(日) | 長野県佐久市荻原瞬問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

終戦の日(2017年)

昭和20年8月15日、日本は第二次世界大戦で敗れ、天皇陛下
終戦を宣言しました。


玉音放送(You Tubeより)

今年で終戦から72年を迎えましたが、今年は北朝鮮による相次ぐミサイル
発射やテロ等が続き、未だに平和の見えない終戦記念日になりました。
日本国内を見ておりますと、安倍政権による暴走と学校法人を巡る疑惑に
ついての追求が未だに続いており、波瀾万丈の政治が続いております。

戦後の日本において、平和を求め、様々な方が活躍されておりますが、
これらのことは、日本国民がかつての戦争によって多くの犠牲者を出し、
国の間違えた他国への侵略など諸外国に加害した事に対して戦争を
終結させ、被害国に謝罪し、戦争は二度としないと誓った憲法を改悪し
ようとする安倍内閣の黒い腹を見ておりますと非常に情けないとしか
云いようがありません。

この戦争で犠牲になられた英霊のためにも戦争という同じ過ちを犯しては
ならない事を再認識して頂きたいかと思います。



2017/08/15(火) | 社会・ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)

【国連への代替報告書】児相被害を撲滅する会で被害体験を募集しております

当編集部もメンバーとなっております「児相被害を撲滅する会」において
国連への代替報告書提出に向けての活動において児相や施設等での
被害体験について募集を行う事になりました。

国連への児相拉致や施設での暴力や虐待等の被害を報告されたい方は
下記のチラシをクリックして詳細をお読みの上でお申し込みをお願いします。

JCREC.jpg
画像をクリックすると、PDFのチラシへ移動します。

尚、英語が不安な方でも当方のメンバーがサポートを行いますので
ご心配なくお申し込み下さい。
お申し込みの際、被害等の根拠となる資料や写真や証人や録音やビデオ等
がございましたらご用意をお願いします。
詳細につきましては、チラシをご覧頂き、記載されたメールまでご連絡を
お願いします。

最終締め切りは10月15日ですのでお早めにお申し込みを
お願い申し上げます。
お寄せ頂いた資料やレポートはメンバーが責任を持って英訳を行い、
国連に報告させて頂きます。


今回の募集は今年が国連への報告年度となっておりますので、
皆様の熱い証言等をお待ちしております。


2017/08/14(月) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

【職員はやりたい放題】児童相談所は伏魔殿か?

先日、業界レーダーで千葉県と千葉市の児相の職員のモラルとビジネスマナーの
なさぶりについて暴露
を行いましたが、児相の職員の質の低さを地で示す行為が
行われていたことには驚愕させられました。

中央児童相談所駐車場にBMW 千葉県と千葉市の児相に横付けされた職員の私有高級外車
千葉市児童相談所駐車場にローバーミニ

これらの傍若無人な光景を見ますと、児相の職員は自分たちの金儲けの事と
拉致報奨金等の達成ノルマで歩合がつき、金余りだから高級外車を乗り回して
いると云われても致しがたないのは事実であり、児相被害保護者や拉致被害
児童の感情を逆撫でするばかりでなく、日本国民や千葉県民の皆様をバカに
していると云われても仕方がないのは事実であります。
ですが、記事を掲載後から千葉県や千葉市が雇ったと思われる者がGoogleの
サーチエンジンに対して順位操作等の行為をしていることを筆者は確認しており、
火消しに必死になっている模様であります。

ですが、証拠がある以上、事実は消えません。
順位操作は税金のムダ使いと暴力団への資金供与でしかありません。
※暴力団とはSEやSEO業者の事を指します。現代版のヤクザのシノギです。

当編集部ではこれらの児相の問題について取り組んでおりますが、一向に
変わろうとせず税金を浪費し、施設内暴力と虐待被害者を量産し続ける児相の
傍若無人な悪行の数々について今後も追求を進めてまいります。
最近になって厚生労働省は施設から里親に転換しようとする動きを見せており
ますが、単なる国連への目くらましでしかなく、新たな被害の発生が危惧されて
おります。
それはと云いますと、すでに一部の里親が突如、契約を解除されて子どもと
引き離された事について訴訟が起きている事が明らかになっております。
今後、児相が里親をダミーに使い、施設に送るための隠れ蓑として使ったり、
児童自立支援施設を子どもの隠し場所として使う事も予想されます。
なぜ、児童自立支援施設が出てきているのかと云いますと、職員の話として
「ここに来るべきでないADHDやアスベルガー症候群等の子が増えている」
という問題や意図的に送られてきた(不良要素のない子が児相に拉致されて誠明学園に
入所させられた)
例もあり、児相が子ども隠しのために児童自立支援施設が
密やかに使われている事実もあり、油断を許さない状況であるのは事実です。

これらの状況を見て筆者は「児童相談所は伏魔殿か?」と思ったのは事実です。
今月は児童相談所拉致ノルマ強化月間ですので、残り少ないお子様の
夏休みを台無しにしないためにも児相の拉致には十分ご注意頂きたいかと
思います。

当編集部では、新たに児相拉致防止のための啓発ポスターを制作しましたので、
皆様にご活用頂ければと思っております。

児相監視イメージポスター所沢



2017/08/14(月) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »