業界スコープ 薄毛対策

6月1日(2018年)

本日は6月1日です。今日の筆者は月初めとあって5tを越す総量で
てんてこ舞いの1日でした。
世間では梅雨の始まりでもありますが、今年の天気は中東地域
よろしく朝は涼しくひるは蒸し暑く夕方は又涼しくと云う
おかしげな天気が続いているのが現状であります。
これから梅雨の時期に入りますので読書の皆様には梅雨を
乗り切って楽しい夏を迎えるられる事を祈っております。

2018/06/01(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2018年5月)

本日は5月31日、月末になります。
今月は楽しい連休から始まりましたが、筆者は相変わらずの忙しさに
翻弄された一ヶ月だったと思います。
本日は月末ですので、この一ヶ月を振り返ってみる事にしたいかと
思います。


児相問題
ウィキペディアに工作員が言論統制と云うべき悪事が明らかになりました
先程、業界レーダーにおいてウィキペディアが工作員によって記述が変えられ
管理者がロックを行うという暴挙について非難と暴露についてのキャンペーンを
展開しました。
詳しくは業界レーダーでご覧頂ければと思います。
国連の審査が行われている最中に厚労省の別動隊の工作員による悪質な
記述の改ざんと管理者の癒着には呆れたのは事実です。
ウィキペディアには管理者を変更すると共に記述を元通りに戻すべきです。


筆者・編集部
体調不良の中での一ヶ月でした
以前の記事でも書きましたが、筆者の体調が最近、思わしくなく記事も
書けない状態が続いていますが、今もあまり調子が良くありません。
ですが、読者の皆様のためにも筆者は記事を書き続けて参りますので
今後ともよろしくお願い申し上げます。

バッテリー式アーク溶接機を落札・導入しました
3月の記事で簡易アーク溶接機を導入しましたが、最近、覆面トラックの
サイドバンパーを修理するために使ったところ、バッテリーの容量の問題で
すぐに溶接ができなくなる問題と、アーク棒がアークスタート不良のために
かなりダメになり、このままではいけないという事で某オークションにおいて
デンヨー製のバッテリー溶接機を格安に落札し、導入を行いました。
この溶接機ですが、重量が約85Kgと重いため、一人で2階まで上げるのは
非常に困難ですので、急遽、揚荷装置を制作しました。
まだ完全に完成しておりませんが、バッテリーを整備する必要もありますので
後日、整備と揚荷装置を完全に完成させたいかと思います。
このため、現在、覆面トラックの修理箇所は点付け溶接の状態ですので
早く修理をする事にしたいかと思います。


今月は筆者自身の体調の問題もあり、何もできない状態が続いて
おりましたが、明日は6月1日、梅雨の時期に入り、食中毒が増える
時期に入りますので読者の皆様には楽しい夏を迎えるためにも
衛生には十分ご注意頂き、楽しい夏を迎える準備を進めて頂ければと
思っております。




2018/05/31(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【長時間も安心】中古バッテリー溶接機を導入しました

3月の記事でお伝えしました簡易アーク溶接セットですが、その後の仕事で
覆面トラックのサイドバンパーの修理に使いましたが、バッテリーの容量の
問題やアークスタートの悪さ等に悩まされ溶接棒が何本もムダになり、
対策を考えておりましたが、この度、某オークションにおいて格安の
バッテリー溶接機をGETすることに成功しました。

BDW170搬入時
デンヨーBDW-170MS バッテリー溶接機 新品の定価:295,000円(税別)
この写真は編集部に搬入直後に撮影したものです。


引き取り時 BDW170オークション時説明
写真左:オークション落札機器引き取り時
写真右:オークションでの説明


今回の購入価格ですが、新品で買えば約30万円もする機械を中古オークションで
13,620円(税込)とオークション相場より安い破格の価格でした。
出品者は茨城県下妻市中古工具店が出品者でしたので、落札後に筆者が取材カーを
飛ばしての引き取りとなりました。
夜間の突貫工事での引き取りでしたが、翌朝、取材カーから下ろしましたが、
最大の欠点は重量が約85Kgもありますので、ホームセンターにて材料を集めて
揚荷装置(ようかそうち)を作るハメになりました。
制作の模様を撮影するのを忘れてしまいましたが、手直しが多数ありますので後日お伝え
する事にしますが、使用してみた結果、バッテリーの点検と整備が必要ですので後日行う
事にしたいかと思います。


2018/05/31(木) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

筆者の近況

5月も下旬に入りましたが、ここのところ、筆者の体調が思わしくなく、
更新ができない状態が続いております。
その原因ですが、異常気象によってかぜ気味の状態となっております。
お酒プロジェクトでお客様との会話の中で最近、この異常気象の事が
話題となっており、お店のご主人や奥様の間では気温の変化が
急激過ぎて体調が追いつかない、体調が悪いと云った話を
よく聞いております。
以前の記事でも今年の気象は中東地域気候と似ていると云う事を
書きましたが、こうやって記事を書いている現時点でも体調が良くない
のは事実であります。
ですが、この最中でも筆者は動き回っているのは事実ですが、動きに
対してアクションを起こしていかなければなりません。
先日ですが、やっとの思いで給湯器リモコン設置工事を行いましたが、
写真の他に工事動画も作成しました。



体調が悪い中での編集作業でしたが、今回の作品ではポップな曲を入れて
みましたが、動画の作成には様々な材料(映像・音楽・ナレーション・写真)が
必要ですが、たった3分でも苦労の連続であったのは事実であります。
ですが、作成ソフトの大きさは尋常でなく、たくさんのメモリとCPUのパワーを
必要とすることから、今後、より大きなパワーとメモリを装着したPCを導入
する事を検討しております。

読者の皆様も、こういった異常な気象で体調を崩されている方が多数
いますので、体調の管理には十分ご注意頂きたいと思っております。


2018/05/20(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

5月5日(2018年)

5月5日字幕

本日は5月5日、子どもの日です。
今年も恒例の子どもの日ですが、全国各地では様々な行事が開かれていると
思います。
その最中で筆者お酒プロジェクトに追われるだけでなく、本日は千葉県は松戸市に
出張しております。

読者の皆様には思いっきり連休をお楽しみ頂ければと思っております。


                   2018年5月5日

                     業界スコープ編集部
                     業界レーダー編集部
                       公用回線ウォッチャー
                              
                      編集長 業界のフォーカスマン


2018/05/05(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

5月1日(2018年)

本日は5月1日です。
連休の最中での1日となりましたが、読者の皆様は思い思いの場所で連休
お楽しみになったり、実家の田植えを手伝ったり等で忙しい方もおられるかと
思いますが、筆者は相変わらずの連休返上状態で早朝からお酒プロジェクト
追われております。

覆面トラック積込み
早朝5:00より筆者はご覧のように覆面トラックにお酒を満載しております。

本日の1発目は約3.4t程積んで問屋から酒屋まで配達してから、空になったら
積み場に戻ってもう1回戦の合計で約5.6tとなりました。
連休中もこのように筆者は動き回っておりますが、読者の皆様には連休
お楽しみ頂ければと思います。


【 重 要 】緊急のお知らせ【 緊 急 】

以前から問題になっておりましたタカタ製エアバッグの欠陥問題について
国土交通省は本日よりリコールが未完了の車両の車検を拒否する措置を
講ずる事としました。

タカタエアバッグ未改修車車検不可告知-001  タカタエアバッグ未改修車車検不可告知-002
国土交通省からの告知チラシです。
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。


読者の皆様におきましては連休中の最中の緊急のお知らせとなりますが、
お手持ちのお車がリコール対象車種かどうかについてのご確認をお願いします。
尚、国土交通省ではこの他にも警告ランプやブザーが鳴る故障を起こした車両の
車検を今年2月から拒否しておりますので、エアバッグ以外についても点検を
お願いします。
万一、異常がある、リコールが完了していない方は大至急、販売店等に連絡を
取り、修理を受けて下さい。

2018/05/01(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2018年4月)

本日は4月30日、4月も本日で終ります。
世間では先程の記事の通り、5月の連休に入られた方もいられるかと
思いますが、筆者はお酒プロジェクトに追われております。
本日は月末ですので、今月一ヶ月をふりかえってみたいかと思います。

児童相談所問題
相次ぐ施設での悪行の実態に賠償についての動きがありました
筆者が30年以上前から施設職員による暴力と虐待の問題について
施設内暴力・虐待追放を訴えておりますが、これらの行政の拉致や
強制労働や虐待等についてドイツとスイスでは相次いで被害者児童が
賠償を求め、スイス政府が補償事業に乗り出す事態となっております。
そればかりでなく、日本国内でも優性保護法の下で行われた強制避妊
手術に対して損害賠償を求める裁判と補償についての法令が議員立法の
形で制定される動きがありました。
この事について、先日、被害弁護団が結成されたというニュースも入って
来ております。
現在の日本の児相は嘗てのスイスが犯した過ちをコピーしているに過ぎず、
施設や里親等の暴力・虐待被害を拡大し続けていると云っても差し支えなく、
家庭破壊を進める日本の児相と施設と里親は時代に逆行しているのは
事実であります。
このニュースを見ておりますと、いづれ日本も被害児童に対して賠償金を
支払う事になるのは間違いありません。
いい加減に厚生労働省は現在の児童拉致を直ちに中止し、子どもたちを
家庭に戻し、謝罪と補償とアフターをするべきであります。
スイスではこの事についての賠償金額が230億円を越えるとも報道されて
おり、これが日本で賠償と云う事になりますと、政府も地方公共団体も
市町村も財政再生団体入りと云う取り返しのつかない事になりかねません。


四国訴訟問題
裁判所に於いて和解が成立しました
24日の事ですが、一連の四国地方の民事訴訟問題について公判が開かれ、
裁判所は原告と被告に対して和解勧告を行い、原告・被告共に和解を
受け入れ、和解が成立しました。
当編集部ではこの一連の民事訴訟問題について、サポートを展開して
参りましたが、この度の和解を受けて裁判が終結した事について
ホッとしておりますが、裁判が進行している間、筆者は何もできずに
読者の皆様をお待たせした事についてお詫びを申し上げる次第で
あります。


筆者・編集部
編集部の給湯器を交換しました
先月から不調であったバランス釜を給湯器に更新し、快適にはなりましたが、
ガス消費量が今までの倍以上ですので、昨日、追加工事としてリモコンの
追加を行いました。

出張溶接修理を行いました
お酒プロジェクトのお客様の軽トラックの荷台についているヒンジが脱落したため、
筆者が出張で溶接修理を行いました。
お客様には大変喜んで頂き、筆者としましてはうれしい限りであります。
先月自作した溶接機での修理第1号ですが、覆面トラックの修理も残っております
ので早急しなければと思っております。

取材カーのタイヤを2本交換しました
出張溶接修理の後で当編集部の取材カーのタイヤ2本をいつものタイヤ屋さん
中古品と交換しました。

異常気象が続いております
今月の天気は例年になく、昼は暑く、夜は寒いと云うまるで中東諸国を思わせる
異常気象だったかと思います。
そのため、筆者も軽いかぜを引いてしまいました。
現在、薬を飲んでおりますが、体調が思わしくない状態が続いております。
少し休みが取れればと思っております。

相次ぐ脱輪救助
今月は2件もの脱輪による救助が2件も発生しました。
14日にはさいたま市でコンビニ前の縁石にハイエースが乗り上げ、
雨の中で覆面トラックで引っ張り出して救助を行いました。
それだけでなく、28日には八潮市の川沿いの道でフィットが脱輪し、
覆面トラックで引っ張り出して救助を行いました。
いづれも地方ナンバー(中京・東北)の車両でした。
連休も始まっており、地方ナンバーの慣れない運転の車両が増えて
おりますので、事故や脱輪等には十分ご注意頂き、レッカー業者も
大忙しの状態になりますので、読者の皆様には5分シャックルと
けん引ロープとブースターケーブルを搭載される事をおすすめします。


今月は様々な事がりましたが、明日からは5月です。
連休中の5月の突入となりますが、読者の皆様にはゴールデンウィークを
事故等なくお楽しみ頂ければと思っております。



2018/04/30(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

5月連休が始まりました

5月連休2018

5月連休が昨日より始まりました。
今年は異常気象が続いておりますが、読者の皆様には思いっきり
楽しんで頂ければと思います。
筆者は相変わらずの連休返上状態でお酒プロジェクトに追われますが、
最近、筆者による車両の脱輪の救助が2件ありましたので、お出かけの
際には必ずけん引ロープとブースターケーブルを搭載される事を
おすすめします。

読者の皆様には事故もなく、無事に連休を楽しめる事を祈っております。

                       2018年4月30日

                            業界スコープ編集部
                            業界レーダー編集部
                             公用回線ウォッチャー
                              編集長 業界のフォーカスマン


2018/04/30(月) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

給湯器のリモコンを追加しました(その3)

先程の記事では配管と配線を行い、ステンレス板で通気孔の開口部を
塞ぐ作業までを行いましたが、いよいよ工事もおおずめとなります。
室内側の配線と仕上げを行う事にしたいかと思います。

工事説明書に従って、取り付け板裏側にシーリングシールを貼ります。
ボックスに付属のねじで取り付け板を固定しますが、シーリングシールには
穴がありませんので、カッターナイフ等でねじの部分に穴を開けてから
もう片方の紙をはがして取り付け板をボックスに付属のねじで取り付けます。

リモコン取り付け板取り付け完了

取り付けが終りましたら工事説明書に従って、リモコンと配線を結線します。
尚、プラスマイナスはありませんので、どちらを結線してもかまいません。
本体の工事説明書を読んで出湯温度の設定を下げます。
方法ですが、当編集部の機種の場合は、前回の記事でも説明しておりますが、
それ以外の機種の方はメーカーのHP等に工事説明書がありますので、
ダウンロードしてご利用下さい。
この設定をしないでおきますと、万一のリモコン故障時に、熱いお湯が出る
事があり、大変危険ですのでかならず行って下さい。

取り付けが完了したら試運転を行い、温度の操作ができるか、電源の入り切りは
正常にできるかを確認の上で工事は完了です。

工事完了
工事が完了したリモコンです。

このリモコンの写真に優先と云う箇所のランプが点灯したままとなって
おりますが、当編集部では台所のリモコンを取り付けておりませんので、
点灯したままで消えませんが、正常ですのでご安心下さい。
あと、給湯器リモコンの電源のスイッチは入れっぱなしでOKです。
長期間の外出等の場合だけスイッチを切れば大丈夫ですが、冬季の冷えが
厳しい時は凍結防止ヒーターが作動しますので電源は入れたままにして
おいて下さい。(詳しくは取り扱い説明書をお読み下さい)


今回の工事の費用ですが、
材料費
リモコンの定価の半額で完了しました。
その他の部材に在庫品を使って節約しましたので、ご覧のように収まりました。
以外と簡単にできますので、読者の皆様にもチャレンジして頂ければと思って
おります。

前へ戻る TOPに戻る



2018/04/29(日) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

給湯器のリモコンを追加しました(その2)

先程の記事ではボックスの取り付けから配管に電線を入れて取り付け
所まで行いましたが、ここからは配管を固定する作業を行います。
配管の固定には2種類のねじが必要です。

木ねじとプラグレスねじの違い

この写真は固定に使うねじの違いを表したものです。
写真左側のねじはプラグレスねじと云いまして、コンクリートやモルタルの壁等に
物を固定する際に使います。
これらが大きくなった物がアンカーとなりますが、穴を開けて止めるだけですので、
従来の鉛プラグを使用しませんので施行もスピーディーで簡単です。
写真右のねじは普通の木ねじです。
木部等に止めるために使います。
今回の工事ではこの2種類のねじを使って施行しますが、穴開けには専用の
ドリル刃が必要になりますが、回転式と振動用がありますので、機種に合わせた
刃をお求め下さい。

配管取り付けタイル タイルにプラグレスねじでサドルを固定した例です。

外側配管完了

サドルで配管を固定して、エンドキャップをつけ、パテで塞いで給湯器との結線作業が
(詳しくは工事説明書をご覧下さい)終ったら、先程の開口部をステンレス板等で塞ぎ、
コーキングをします。

開口塞ぎ板加工中 塞ぎステンレス板を加工している様子です。

塞ぎステンレス板を取り付けたら、仕上げのコーキングをして防水処理を行い、
屋内での結線とリモコン取り付けに進みます。

開口塞ぎ完了
ご覧の写真はコーキングが完了した場面です。

前に戻る 次へ進む

2018/04/29(日) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »