業界スコープ

消える思い出の場所(東芝青梅工場)

東芝青梅工場と云えば誠明の業界関係者には思い出のある場所の
一つとなっておりますが、今年3月末で閉鎖されることになりました。

末広2丁目東芝青梅工場前交差点

数多くの諸先輩方も年に一回の東芝まつりには毎年、東芝から手厚い
ご招待を頂き、楽しいひとときを過ごさせて頂いた事を覚えております。
それだけでなく、筆者としましては生まれて初めてワープロに触った
場所でもあり、筆者の人生に大きな影響を与えたのは事実であります。
報道等を見ておりますと、東芝の不正経理事件による粉飾決算と清算の
ために野村不動産に売却されるとの事ですが、
筆者としましては、思い出の場所が消えるというニュースを見て、いても
立ってもいられない気持ちになり、急遽、特集を組みました。

東芝青梅工場の皆様には長年に渡り、お祭のご招待だけでなく、隣人として
おつきあい頂きました事に誠明の業界関係者の一人として感謝と御礼を
申し上げます。
良い思い出をありがとうございました。
従業員さんの今後のご活躍をお祈り申し上げます。


                             2017年4月9日

                           業界スコープ編集部
                             編集長 業界のフォーカスマン

2017/04/09(日) | 生活/筆者の身の回り編 | トラックバック(0) | コメント(0)

【傍若無人】 埼玉県の荒れ狂う29年度の人事異動 【大胆な遁走劇】

4月1日に人事異動が一斉に発表されますが、当編集部では様々なシステムを
活用して人事異動の情報をキャッチしておりますが、今期の埼玉県の人事異動は
荒れ模様でした。

 新配属先 旧所属先 氏 名
 埼玉県中央児童相談所 所沢児童相談所 広瀬  正幸
 埼玉県所沢児童相談所 川越児童相談所副所長 西川  達男
 埼玉県熊谷児童相談所長 北部福祉事務所長 新井  由基夫
平成29年4月1日埼玉県人事異動発表より抜粋

それはと云いますと、現在、児童拉致問題でさいたま地裁で公判中の所沢児相の所長を
上尾市にあります中央児相へ配属を替える一方で川越児相の副所長を所長に昇格した
上で所沢児相に配置すると云う埼玉県傍若無人ぶりには驚愕させられたのは事実で
あります。

埼玉中央児童相談所

  大胆かつ傍若無人な人事異動で大揺れの
        埼玉県中央児童相談所所沢児童相談所


  (写真は全て筆者撮影)                 埼玉所沢児童相談所

この動きが意味する事は所沢児相による児童拉致裁判を妨害するだけなく、
同時に狭山市での保護者による虐待殺害事件見逃し問題等の世論からの
責任追求から逃げる卑劣な行為でしかありません。
ですが、広瀬正幸が起こした問題や事件について異動したからと云って罪等に
問われないと思ったら、それはとんでもない大間違いであるのは事実です。
先日ですが、筆者は拉致裁判の原告さんとお電話にてお話をしましたが、
広瀬正幸は原告側弁護士からの指摘について回答もせずに無視をする等の
違法公務が行われていたことを聞きました。
異動したから「もう、所沢児相の所長でないのでお話することはありません」等と
開き直って逃げたとしても法は絶対に許さないのは事実であり、狭山市の事件に
しても警察に責任転嫁して逃げている事は公式な書面においても明らかになって
おり、施設の職員の必殺技の「逃げ」が通せると思ったらとんでもない大間違いで
しかありません。

埼玉学園かどこかの児相や施設で逃げととぼけの技術を学んだのか知りませんが、
姑息な逃げや責任逃れについて某巨大掲示板群では広瀬正幸は抗議デモや何かが
あったら児相の裏門から古巣でもある隣の埼玉学園やどこか安全な場所に天然ガス
仕様の公用車で逃げるのではといった強烈な皮肉も出回っているのは事実であります。

熊谷400そ5776日産ADバンCNG仕様埼玉中央児相で撮影した某巨大掲示板群でウワサの
天然ガス仕様公用車の日産ADバン
(筆者撮影)

この車輛は熊谷登録になっており、中央児相が一時的に借用したものだと思われます。

後日、取材で熊谷児相に行ったところ、同車輛が敷地内駐車場に置かれている事を筆者が確認しております。

そして、所沢児相の新所長の西川達男は以前、この所沢児相で副所長をしていた
経歴を当編集部では人事異動情報等の公式資料から確認しておりますが、副所長
時代から西川達男は保護者の間では評判が悪く、「ウソツキ」「信用しないで下さい」と
云う情報が某SNS上で出回っているのも事実であります。

某巨大掲示板群の中では今回の広瀬正幸西川達男の動向には注意するように
という注意が出回っておりますが、筆者・編集部でもこの忠告に従い、動向を監視
して参ります。
読者の皆様にはこれらの問題職員の拉致等の問題行動には十分ご注意頂き、
何かありましたら編集部までご連絡をお願いします。

傍若無人な埼玉県の人事異動の実態についてお伝えしました。





2017/04/07(金) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

【何年経っても金に汚い】東京都福祉保健局の職員による     公金横領が発覚しました

マスコミや東京都総務局の発表によります、東京都福祉保健局の職員が公金
横領したことが発覚し、懲戒免職処分を受けました。

choukai290330.jpg
懲戒免職を伝える東京都総務局の発表

懲戒免職になったのは、東京都福祉保健局の健康安全部主事、福岡麗香(25)です。
都やマスコミの報道によりますと、福岡主事は自分が給与事務担当の立場を利用して
平成27年7月から平成28年4月と平成27年7月から12月までの自分の給与に対して
給与システムを不正に操作して超過勤務手当てを136万408円を詐取したばかりでなく、
平成28年の年末調整の際には自分の給与所得額を70万5,000円差し引こうとしました。
さらに平成27年9月には同じ部局の共済事務担当をしていた際にも立場を悪用し、
東京都職員共済組合から還付された職員3名分の共済掛け金20万7,230円も横領した
事も判明しております。
事実が発覚後、福岡主事は詐取した金銭を全額返済しましたが、東京都はこの職員を
警視庁に対して電子計算機使用詐欺の容疑で告発するとの事です。
福岡容疑者は都の調べに対して「奨学金の返済があり、自由に使えるお金が少なかっ
た」と話しているそうであります。



又もや、東京都福祉保健局の職員が自分の立場を悪用して電子計算機を不正操作を
して公金横領する事件が起きました。
筆者・編集部では以前にも誠明学園とお金の問題と職員の公金横領について散々
書いてまいりましたが、依然として変わっていない事には呆れたのは事実です。
不正な事をすれば、いづれ発覚するという幼稚園児でもわかるインチキをいつになったら
わかるのか本当に不思議でしかありません。
そして犯行の動機はと云いますと「奨学金の返済があり、自由に使えるお金が少なかっ
た」なんて身勝手な発言には憤りを感じたのは事実であります。
筆者・編集部では東京都の懲戒情報についても監視をしておりますが、福祉保健局だけで
なく、各部局では交通費をごまかしてバレただの、様々なお金の絡む不祥事を見ております
が、一向に後を絶たない現状を見ておりますと、非常に情けないとしか云いようがないのは
事実であり、東京都福祉保健局は先日の札幌市児童相談所の記事でも書きましたが、
一度、解体した上で職員を総入れ換えし、グータラな職員は懲戒免職にして頂きたいかと
思います。
この事件について福祉保健局長の梶原洋はどのように考えているのかわかりませんが、
筆者・編集部は東京都福祉保健局々長の梶原洋を日本国憲法第15条の規定に基づき
罷免しますので、この事件も含め、今までの全ての事件についての責任を取って公職
から即刻、辞職して頂きたいかと思います。

東京都福祉保健局 局長の梶原  洋は
職員による公金横領事件の責任を取って

東京都福祉保健局長梶原洋
 即刻、公職から辞職せよ

ご注意
公務中有の公務員には肖像権やプライバシーは判例に基づき存在しません。
訴訟等番号:東京地方裁判所 昭和39年(ワ) 第1882号損害賠償請求事件



2017/04/03(月) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

4月1日(2017年)

本日は4月1日新年度の始まりです。
今年は土曜日という事もあり、静かな感じがしておりましたが、筆者は午前3時30分
から覆面トラックでお酒プロジェクトに追われておりました。
本日運んだ総重量は約7.5t近くにも及び、下ろした店舗数は9店舗ですが、店によって
はビールパレットで2枚に及ぶ店舗や問屋等が3件もあり、全てバラ下ろし(手で下ろす)
でしたので手間がかかり、あっと言う間に夜になってしまい、一件だけ配達できなかった
店舗が一件発生してしまいました。
明日、その店舗に取材カーでお届けに上がりますが、新年度の配達は年末を超える物量で
圧倒されたのは事実であります。
読者の皆様は月曜日が新年度のご挨拶などで忙しいかと思いますが、慌てずに準備をした
手順で進めて頂ければと思います。


2017/04/01(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2017年3月)

季節は冬から春へと入りましたが、今年の3月は早朝と夜間が冷え、昼間は
温かいという変な3月だったような気がします。
誠明の業界も卒業式が終わり、一足早く新年度に突入しましたが、3年生が
抜けた後の寮は混乱し、そのまま春休みへと突入します。
世間では年度末という事でバタバタしておりましたが、新年度を迎える準備も
本日が最終日となりました。
本日は3月31日、3月も本日で終わりますが、今月一ヶ月を振り返ってみることに
したいかと思います。


長野県佐久市荻原瞬問題
荻原瞬の暴力団仲間がトラック窃盗容疑で警察に逮捕されました
3日の事ですが、荻原瞬の暴力団仲間が山梨県甲府市の土木会社の駐車場から
クレーン付き4tトラック2台を盗んだ容疑で長野県警に逮捕される事態となりました。
相変わらず平成24年の事件以後、警察と共に逃げ回る荻原瞬を逮捕もせずに放置
し続ける長野県警のデキレース報道には呆れたのは事実であり、被害を拡大し、
佐久市の治安の悪化は進むばかりでしかないのは事実であります。
いい加減に長野県警には筆者の被害届けを受理するだけでなく、他の事件について
も捜査を行い、荻原瞬を始めとする暴力団の根絶に努めて頂きたいかと思います。


児童相談所問題
札幌市児童相談所でのわいせつ事件に実刑判決
28日の事ですが、一連の札幌市児童相談所の職員による小学男児へのわいせつ事件
についての刑事裁判で札幌地裁は3年6月の実刑判決が言い渡されました。
被告の職員は犯行事実を全面に認めましたが、札幌市の事件後の逃げと責任のなすり
合いぶりが報道されるという醜態ぶりには筆者としましては怒りを超えて呆れたのは
事実であります。
筆者・編集部としましては札幌市児童相談所は即刻、解体して職員を全員入れ換えると
のと同時に市長は罷免されておりますので責任を取って即刻辞任して頂きたいかと
思います。

揺れる埼玉の児相拉致裁判について
先月もお伝えしましたが、埼玉県所沢児童相談所ともう一件の児童拉致裁判という異例
の事態が続いておりますが、某掲示板だけでなく、某サイトが立ち、所沢児童相談所に
対する非難の声は増すばかりであるのは事実です。
先日も筆者は原告さんとお話をする機会がありましたが、所長の広瀬正幸の傍若無人
ぶりには呆れているばかりでなく、弁護士からの書面での質問に対して回答もせずに
遁走しているという違法公務の展開ぶりには呆れたのも事実です。
所沢児相と云い、南児相と云い、埼玉県の児童相談所は税金泥棒にしか見えないのは
事実であります。
皆さんも呆れた児童相談所の違法・グータラ公務を正すためにも、埼玉県への抗議を
お願いしたいかと思います。


埼玉県監査事務局

〒330-9301
埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階
電話:048-830-6513
FAX:048-830-4940

埼玉県福祉部々長


筆者・編集部
バタバタな3月でした
連日、早朝4時から筆者は覆面トラックでお酒プロジェクトに追われており、忙しい毎日が
続いております。
本日は月末という事もあり、少なめでしたが、年齢のせいか週末に近づくにつれ、疲れが
たまっているのか体調がすぐれない時が多々あったのは事実です。
ですが、お客様のためにも何とかせねばという事で秘密兵器を導入したところ、疲れ方が
違う事がわかりましたので、本日、買い増しを行いました。
少しは楽にはなりましたが、無理は禁物ですので、今後、話し合いを持つ予定をしております。



今月はお酒プロジェクトに追われる中で様々な事がありましたが、明日は4月1日
ご用始めとなりますが、今年は3日からの開始ですので、読者の皆様には無事に
新年度へ入られる事を祈っております。
明日は覆面トラックが2台も筆者の担当エリアで動く事になっておりますので、
この辺にしておきますが、読者の皆様には週末をお楽しみ頂ければと思って
おります。





2017/03/31(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【懲役3年6月】札幌市児童相談所元職員による強制わいせつ事件の刑事裁判の判決が言い渡されました

先日、お伝えしました札幌市児童相談所職員による男児への強制わいせつ事件
についての刑事裁判における判決が本日、札幌地裁で言い渡されました。
被告の元札幌市児童相談所の職員、藤巻俊幸(59)被告に対して求刑懲役4年に
対して3年6月の実刑の判決でした。
田尻克己裁判官は判決の理由として(藤巻被告が)小学校の教員だった2002年に
別の男児へのわいせつ行為で停職になり、退職せざるを得なくなったと指摘した
上で、「(職員という立場を悪用して)今回の犯行に及んでおり、常習性もある。
強い非難に値する。被害を受けた男児は精神的に不安定な状況で、心身の成長
への悪影響が強く懸念される」と述べました。

Sapporo-High-District-Court-01
札幌地方裁判所(Wiki Comonsより借用)

この判決について、筆者・編集部としましては2度にも及ぶ卑劣な犯行の割りには
甘すぎるという印象を受けたのは事実です。
判決理由の中にもあります「小学校の教員だった2002年に別の男児へのわいせつ
行為で停職になり、退職せざるを得なくなった」とありますが、過去の過ちを再び犯す
被告の悪質性は非常に高いと云わざるを得ないのは事実であります。
施設内暴力・虐待被害者一人として筆者は強い怒りを覚えたのも事実であります。
それだけでなく、この事件が被害者の今後の人生においてどれだけの苦しみを
与えるかという事を考えますと計り知れない影響を今後に残すのは事実であり、
一部の報道では被害者の精神状態が良くないという事も報じられており、被害者の
心の痛みを回復あるいは軽減するには相当な時間が必要だと思います。
加害者の被告と札幌市は市役所庁舎内で責任のなすりあいをしているのではなく、
被害者の損害について謝罪と同時に今後の被害補償について考えるべきで
あるのは云うまでもありません。


年始早々からの衝撃の事件ではありましたが、子どもたちの人生を破壊する
札幌市児童相談所は即刻、解体し、札幌市々長につきましては筆者・編集部では
日本国憲法15条の規定に基づき罷免しておりますので即刻、辞任して頂きたい
かと思います。



2017/03/28(火) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

児相問題学習会のお知らせ【4月23日明治大学で開催】

無法者の児童相談所による一連の児童拉致問題と人権侵害等について
国連の子どもの権利条約委員会への報告に向けての学習会が開催されます。

    開  催  日 4月23日(日)13:30~17:00

  開催場所 東京都千代田区神田駿河台1丁目1 明治大学駿河台
                キャンパス リバティータワー9階1096番教室


   参加費用

                    一般  1,000円
       CRC日本会員  2,500円

    懇親会
         3,500円(25名予定 参加者は4月15日までにご連絡をお願いします)

                
  主 催 者   子どもの権利条約学習会


423新学習会案内-001        423学習会案内-002
学習会チラシです。それぞれのサムネイルをクリックすると大きな画像でご覧頂けます。


今回の学習会では、『児相利権』(八朔社)の共著者による講演も行われます。
そして講演と併せて参加者からの児相被害体験について発表ができるコーナーも
設けてありますので、発表されたい方はご連絡をお願いします。
懇親会もございますので、ご参加されたい方は4月15日までにご連絡をお願い
します。

尚、関係者への連絡先はチラシ内にありますのでご参照下さい。

今回の学習会には筆者(業界スコープ編集部 業界レーダー編集部 編集長)も参加しますので、
よろしくお願い申し上げます。

2017/03/26(日) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

バタバタしております

年度末も後半に入りましたが、筆者は相変わらず忙しい状態が続いて
おります。
児相拉致問題で数件ご連絡を頂いておりますが、ご連絡ができずにいる
状態です。
それどころか、児相を巡る様々な問題が噴出しておりますが、手つかずで
いる状況が続いております。
この忙しい最中に1月の札幌市児童相談所での一連のわいせつ事件が
21日に札幌地裁で初公判となりました。
被告職員は後半において犯行事実を全面に認めているとのことです。
ですが、この最中にも各地の区市町村等が児童相談所の設置計画を
発表しており、油断もできない状況が続いております。
その一方で大阪堺市では児童自立支援施設の設置をめぐっての動きも
あり、お役人の暴走はエスカレートしているようにも見えます。
児相と施設の暴走ぶりには十分ご注意頂き、被害者をこれ以上増やさない
ためにも児相設置反対と施設内暴力・虐待追放についてご声援賜ります様、
お願い申し上げる次第であります。

明日も覆面トラックで合計で7t近くのお酒の山を運ばなくてなりませんので
もう少しの間、お時間を頂きたいかと思いますのでよろしくお願い申し上げます。



2017/03/22(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

東北地方太平洋沖地震から6年

本日は平成29年3月11日です。今から6年前のこの日、岩手県沖を震源とする
東北地方太平洋沖地震が発生し、尊い命が犠牲になったばかりでなく、
津波の影響で東京電力福島第一原子力発電所の非常電源が失われた事により
原子炉が破損し、6年経った現在でもご自宅に戻れない方もおり、未曽有の災害の
恐ろしさを地で見せつけられたのは事実です。

昨年の特集以後、筆者はあの震災当日の事を記録するべく、越谷市の被災現場と
なった越谷レイクタウンを取材し、当時の様子を振り返ってみることにしました。

越谷レイクタウン概略図と当日枠付き

被災当時の事を思い出しますと、イオンアウトレット2Fの現場兼資材置き場で筆者は
ダウンライトの器具に使うトランスを1Fの作業現場に持っていく準備をしておりました。
しばらくして建物が揺れだし、「あれ、地震だ。すぐに収まるだろう」と思っておりました。
ですが、揺れがだんだん激しくなり、「これはえらい事だ」と思ったのは事実ですが、
天井がつり下げられていた誘導灯が大きく揺れ、ストンと玄関のドアの桟の部分に
乗っかったのです。

資材置き場 工事が終わった後に資材置き場としていた2Fの被災現場(筆者撮影)

揺れがおさまり、しばらくしてから筆者はダウンライトのトランスを持って親方の所へ
行きました。

作業現場 当時、作業現場だった1F店舗(筆者撮影)


親方は揺れた当時、ローリング梯子の上にいましたが、これはと思って飛び下りて
無事だったと云っていましたが、元請けの親方は天井裏の中におり、激しい揺れで
脱出するのは危険と判断し、その場で釣り天井の全ネジにしがみついていたとの
事ですが、無事だったのです。
外を見ますと、営業しているモールからは従業員がお客様を階段で誘導して避難を
しておりましたが、しばらくして現場内では「映画館の天井が落ちた」という情報が
出回った事を覚えております。


営業店内での揺れの様子(You Tube yasagurya様撮影)

時刻は15時を過ぎ、これ以上作業を続行することは危険と監督が判断し、当日の作業は
中止となり、帰ることになりましたが、電話が錯綜してかからない状態になり、筆者の兄と
連絡が取れなくなりましたが、運がいい事にB2のYA君からの電話がかかり、被災安否を
聞いたところ「食器棚のガラスが割れた」という話を聞きました。
回線が錯綜しておりますので、手短な話しかできませんでしたが、ホッとしたのは事実で
あります。

帰宅するために駅前の駐車場へ向かう最中で営業店内から続々と外への避難が続いて
おりましたが、スーパーの女性店員さんが同僚の方2名に両肩で担がれて避難している
方もおりました。
そして、2回目の大きな揺れが来た時、筆者と双方の親方は駅とつながるスカイデッキが
ねじれているシーンを目撃しました。
揺れの影響からか、壁面のALC壁が壊れ、落下しておりました。
揺れがおさまってから、スカイデッキの下にあったペットショップの店員さんに事実を伝え、
店員さんはすぐにどこからとなくカラーコーンを持ってきて危険箇所を囲いました。

周辺道路は渋滞を起こし、動かない状態となっておりましたが、筆者が抜け道をたまたま
知っていたため、何とか無事に事務所に戻り、取材カーで緊急に掃除機を買い求め
編集部に戻ってきましたが、イメージスキャナーが1/2程、パソコンデスクからはみ出し、
もう少しで落下するところで止まっていました。
その他の箇所も点検を行い、大急ぎでテレビをつけ、情報を集め、緊急特集の記事を
書いた事を覚えております。


震災当日の事を振り返ってみましたが、当時の事を思い出しますと、テレビでは、被災地が
津波に飲み込まれるシーンから始まって大規模な火災の模様が次々と流れていた事を
覚えております。
今年で震災から6年を迎えますが、この震災でお亡くなりになられた方に対しまして筆者・
編集部では哀悼の意を表しますと共にご冥福をお祈り申し上げます。
災害はいつ起きるかわかりません。読者の皆様には日頃からの備えがいざという時に
役立ちますので、日頃からの準備をお願いしたいかと思います。


2017/03/11(土) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

児童相談所による拉致裁判情報

児相による子供の違法拉致についての公判日程が入りましたので、
お知らせします。

日   時:2017年3月29日 午前11時00分
場   所:さいたま地裁
法   廷:C棟105号法廷
回数等:第27回口頭弁論
被   告:埼玉県

皆様の熱い応援を傍聴席からお願い申し上げます。

尚、この情報は読者の方から寄せられた情報であり、
情報をお寄せ頂いております読者の方には感謝申し上げます。
今後、児相による拉致問題や施設内暴力や虐待の公判情報等が
ありましたら当編集部までお知らせ頂ければ掲載させて頂きます
のでご協力をお願い申し上げます。


2017/03/06(月) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »