業界スコープ

IOS版のFirefoxをお使いの皆様にお知らせです

最近、IOS版のFirefoxにおいて当サイトにリンク掲載したYouTube動画が表示
されないトラブルが発生しており、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけし、
申し訳ございませんでした。

筆者もFirefoxユーザーの一人でもありますので、対策を探しておりましたが、
対処方法がこの度、見つかりましたのでお知らせ申し上げます。
今回の不具合の原因ですが、Firefox上のセキュリティシステムであります
トラッキング防止のシステムが誤作動をしていた模様ですので、解除方法を
以下に示しますので、当サイトのリンク掲載のYouTube動画が表示されずに
お困りの方はお試し頂きたいかと思います。

 対処方法 それぞれの画像をクリックすると、大きく説明がご覧頂けます。
環境設定入口 Firefoxを開き、画面右上の3本ゲタ
 (矢印の箇所)をタップします。
環境設定入口2 タップしたら、この画面が出ますので、
 「環境設定」をタップします。
トラッキング防止入口 指で画面を上方向にスクロールし、
 「トラッキング防止」と書かれている
 箇所をタップします。
OFF設定 「通常ブラウジングモード」右側の
 スイッチを左側にスライドさせて
 スイッチをOFFにしてから左上の
 「環境設定」をタップして下さい。
完了 左上にある「完了」をタップしたら、

 ・ブラウザのリロード(再読み込み)ボタンを
  タップする

 ・一旦、タブを閉じて当サイトへ再度
  アクセスをする

 の動作を行えば処置は完了です。

尚、IOS以外のAnndoroid版では確認が取れておりませんが、不具合のある方は
IOS版同様にお試し下さい。
IOSに付属のブラウザであるSafariとGoogleクロームでは不具合は起きていない
事を当編集部では確認しております。

よろしくお願い申し上げます。

                                  2018年4月10日

                                      業界スコープ編集部





2018/04/10(火) | コンピューター/セキュリティ | トラックバック(0) | コメント(0)

【風呂釜不調】給湯器に交換しました

先月の下旬から超多忙の最中に編集部の風呂釜が不調になってしまいました。
いくらお湯を熱くしようとダイヤルを回しても熱湯かぬるいかの極端なお湯しか
出なくて困った筆者は不動産屋さんに電話をかけたところ、ガス屋さんに電話してくれ
と云う事でしたので、電話をしたところ、交換しかないという事になり、2年前の
緊急湯沸シャワーを使うハメになりました。
本日、風呂釜から給湯器交換しました。
ダイジェストを動画で作りましたのでご覧下さい。



前回、2年前に修理した時はガス屋さんが中古のバランス釜交換しましたが、
よく見ると当初の故障した機械よりさらに1年も古い機械でした。
あの時に新品に交換さえしてあればと思ったのは事実ではありますが、
ガス屋さんの都合もあったのでしょうか、今回はお隣の棟の2階も交換した直後
という事もあり、24号の大型の給湯器となりました。

完成屋外側
交換された給湯器 パロマ製PH-241CWHA型
本機は編集部の所有ではなく、大家の所有品です。


バランス釜から給湯器になり、機械が屋外に設置された事で安全性が高まった
ばかりでなく、湯量も増えましたのでご機嫌ですが、大型機のため運転時の
ガスメーターの回り方が半端じゃなく早いのでびっくりさせられたのは事実です。
そして、今回はリモコンの設置をせず、ボイラー的な使い方となりますので、
必要に合わせて温度設定を変える必要があります。


   
付録:温度設定の方法
       今回はパロマ製が対象ですので、他メーカーの機器の方は機器の工事説明書をお読み下さい。
       機器の工事説明書は各メーカーのHPから入手が可能です。


     おまけ¦温度設定

       ①フロントのカバーのねじをプラスドライバーで4カ所外す
       ②カバーを上に持ち上げて外す。
       ③右下デジタル表示部の下にあるディップスイッチの3と4をONにする。
       ④温度設定をディップスイッチの下にあるボタンを押して操作する。
         温度設定は42・60・65℃で設定できます。
       ⑤設定が終ったら、ディップスイッチ3と4をOFFにする。
       ⑥カバーを上からかけて、外したねじ4カ所を戻せば完了です。

本日はやっとお風呂に入れますので、一安心ですが、一連の民事訴訟とお酒プロジェクトの
仕事がありますので、この辺にしておきますが、ガス料金が心配な筆者でした。





2018/04/09(月) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

4月1日(2018年)

本日は4月1日、新年度の始まりですが、本年度は休日となって
おります。
先月の中旬ごろから昼間は5月並の温かさになり、ちょうど今が
関東では桜の開花のピークとなっております。
本日の筆者は一日中編集部で例の民事訴訟の支援のための
書類作成に追われておりました。
書類を書き上げて先程、お隣のコンビニに行ってきましたが、
いつもと変わらずの日曜日でした。
ですが、終ったと思ったら、明日の早朝から週が始まりますので
早く他の雑仕事を終わらせて寝ることにしたいかと思います。
読者の皆様には、温かいをお楽しみ頂ければと思っております。


read more...

2018/04/01(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2018年3月)

本日は3月31日、今月も終わろうとしております。
世間では卒業や就職や引っ越し等追われて忙しいかと思いますが、
誠明の業界もご多分に漏れず卒業と退所と就職と進学に大忙しの
状態であります。
本日は年度末の最終日となりますので、今月一ヶ月を振り返ってみる
事にしたいかと思います。

児童相談所問題
国連からList of Issueが公表されました
児相被害を撲滅する会が先月のサブセッションに招待され、スピーチを
行いましたが、3月1日深夜にList of Issueが公表されました。
公開後、様々な議論を呼びましたが、日本政府はどのような回答をするのか
注目が集まっております。

List of Issueの発表を受け、日弁連と法テラスについての
非難キャンペーンを行いました

List of Issueの発表を受け、業界レーダーにおいて公正な弁護を行っていない
日弁連と法テラスの実態について非難キャンペーンを行いました。
日弁連と法テラスには公正な弁護をお願いしたいかと思います。


誠明の業界
卒業式が行われました
通年通り、卒業式が行われました。
ですが、卒業したみなさんには外の世界の厳しさを乗り越えて進まなければ
なりませんので、挫折する事なく、進んで頂ければと思います。


筆者・編集部
児相被害保護者の方へのお知らせ
児相被害についてのご相談のメールを時折、頂いておりますが、筆者の現在の
超多忙な状況からご相談を受ける事が困難なため、受け付けを中止しております。
せっかく、メールを頂いておりますが、ご返答が出来ず大変申し訳ございませんが、
ご相談につきましては「児相被害を撲滅する会」事務局までお願いします。

超多忙な一ヶ月でした
一連のお酒プロジェクトだけでなく、某民事訴訟も加わり、超多忙な状況が
続いております。
一日24時間のうち16時間稼働し、睡眠は4時間あるかないかという多忙
ぶりもあり、疲労が蓄積し、体調が思うようにならない日々が続いており、
筆者も何とかしなければと思うこの頃であります。
最近、筆者の頭には「過労死」と云う言葉も脳裏に掠めており、最悪の
事態になる前に「休む」と云う事について考えております。

簡易アーク溶接機を制作しました
記事でもお伝えした通り、編集部では簡易アーク溶接機を制作しました。
これにより、今までできなかった事もできるようになりましたので、修理だけ
ではなく、新たな治具や工具の制作をしてみたいかと思っております。


今月は季節の変わり目の中で超多忙な毎日でしたが、明日は4月です。
読者の皆様には良い新年度のスタートをお迎え頂ければと思って
おります。





2018/03/31(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【自作】簡易アーク溶接機を制作しました

先日の取材カーの大規模修理の際にハブベアリング着脱工具のボルトを
誤って壊してしまいましたので、筆者が簡易アーク溶接にて修理を行い
ましたが、その後、YouTubeで大人気の某氏が様々な物を制作して発表
しているのを見ているうちに筆者の心に「作りたい」と云う衝動にかられて
しまいました。


ただ今、firefoxのIOS版でリンク動画がご覧頂けない不具合が発生しております。
大変お手数をかけ申し訳ございませんが、リンク画面が表示されない方は
こちらをクリックorタップしてご覧下さい。
尚、IOS付属のブラウザsafariでは正常にご覧頂ける事を確認しております。


修理完了のボルト 修理が完了したハブベアリング着脱工具のボルト

今回、筆者・編集部では今回の修理を機に、溶接での修理が増える事が
予想される事から新たに簡易アーク溶接機の制作をする事にしました。

溶接コード

充電器SC1200とバッテリー接続コード 新たに新調した溶接コードとバッテリー充電器等

制作費用明細


使用方法ですが、
1.アースを対象物にグリップで接続する

2.バッテリーを直列3個接続し、ナットを閉め込む(直列つなぎ)
バッテリー接続の模様 写真をクリックすると、接続の詳細がご覧頂けます。


3.+と-のそれぞれのバッテリー端子にソケットを接続する

4.溶接棒をガスバーナーで軽く炙り、溶接棒を乾燥させる
ガスバーナーRZ820 新富士バーナー製 RZ-820(パワーガス装着)
ここが非常に大事です。アークスタートが良くなります。

5.溶接棒をホルダーに取り付けて溶接を開始する

という手順になりますが、パイプ等で溶接電流が強くて穴が開く場合は
バッテリーを2個にしたり、溶接棒の太さを変える等して調節してみて下さい。
筆者も完成後に覆面トラックのミラーステーの修理を行ってみましたが、
溶接棒を炙っていなかったため、アークスタートが悪かっただけでなく、パワーが
強く、パイプに穴が開きましたので24Vに落とす等の苦戦を強いられましたが、
十分に修理をする事ができました。

今回の制作において、バッテリーと間に接続ソケットを取り付けたのかと云い
ますと、大量に長時間溶接をしなければならない場合に建機レンタル会社から
レンタルした溶接機(バッテリー式 エンジン式 AC式)を接続できる様にして
おきました。
この事により、短時間は編集部のバッテリーで長時間はレンタル溶接機での
使い分けが出来ますので大変便利であります。
溶接の試験では、1.4mmの溶接棒を使用しておりますが、聞くところによりますと、
2~2.6mmの溶接棒が使用可能(バッテリー次第)との事ですので、活躍の場が
広く、応用が効きますので非常に便利になりました。

そして今回、新たに新型の充電器も導入しました。
今までの充電器はご存じの通り、2011年の震災の非常電源を確保するために
旧式の物を使っておりましたが、バッテリーが3台と増え、充電する際の電流が
足りなくなりましたので、全自動式の大容量の物を用意しました。
これにより、12Aの電流が取れるようになりましたので、大型トラックのバッテリー
でも充電が可能ですので、将来的にはバッテリーの大型化も可能かと思います。


便利な簡易アーク溶接ですが、読者の皆様が行う場合、労働安全衛生法第59条に
指定されている有害危険業務に該当する作業に指定されており、非常に危険が
伴いますので、自己責任において行って頂きたいかと思います。
筆者の場合、アーク溶接特別教育と低圧電気取り扱い(FULL版)の資格を所持して
おりますが、読者の皆様が行う場合は、必ず上記の資格を取得した上で、ベテランの
指導の元に行ってください。

細かい注意事項はこちらをご覧下さい。

読者の皆様には安全に作業をして頂ければと思っております。
ご安全に! でお願いします。




read more...

2018/03/25(日) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

児童相談所による拉致裁判情報

児相による子供の違法拉致についての公判日程が入りましたので、
お知らせします。

日   時:5月21日 午後13時30分~午後16:00(午前から午後に変更になりました)
      5月24日 午後13時30分~午後16:30(閉廷時間が変更になりました)
場    所:東京地裁
法    廷:606号法廷(6F)
回 数 等:証人尋問
被    告:学校法人晃華学園
尋 問 者:5月21日
      原告、被告側:高階俊之(元教諭)
      5月24日
      被告側:石上壽美江(晃華学園前理事長)
           田島亮一(現小学校校長)
事件番号:平成26年(ワ)18754号
裁判所に立ち入る際に警備の関係で入口にてボディチェックと手荷物検査と
 金属探知機での検査等がございますのでご協力をお願いします。


原告のWEBサイト:晃華学園事件
こちらに事件の詳細がございますのでご覧下さい。


皆様の熱い応援を傍聴席からお願い申し上げます。

 情報を寄せられました読者の方から先日、ご連絡があり、
 今回の公判は異例の証人尋問で2日に分けて開廷
 されますので公判を傍聴される方は公判開廷日と時刻
 ご注意頂きます様、お願い申し上げます。

 尚、今回の開廷日時が変更となっておりますので、
 開廷日時のお間違いのない様、ご注意下さい。

尚、この情報は読者の方から寄せられた情報であり、
情報をお寄せ頂いております読者の方には感謝申し上げます。
今後、児相による拉致問題や施設内暴力や虐待の公判情報等が
ありましたら当編集部までお知らせ頂ければ掲載させて頂きます
のでご協力をお願い申し上げます。



2018/03/11(日) | 児相拉致裁判情報 | トラックバック(0) | コメント(0)

3月6日(2018年)〜 筆者の誠明学園入所の日から34年 〜

本日は3月6日、筆者が昭和59年に誠明学園入所した日です。
あれから今年で34年を迎えました。

誠明学園全体
時代は平成だと云うの未だに昭和の時代の悪い伝統を引きずり、何も変わることなく被害者を出し続ける誠明学園

昨年の特集以後の児童自立支援施設業界を見ておりますと、国立きぬ川学院での
職員による心理的虐待事件が発覚するなど、相変わらずこの業界は時代は変わっても
全然変わろうとしない体質が蔓延っているのは事実であります。
そして誠明学園だけでなく、東京都福祉保健局の職員は先日の記事でもお伝えしました
が、先月のW懲戒免職事件や公金横領等悪質な犯罪を次々と行い、都民に損害を与え
続けているのも事実です。
このような昭和の古い時代を平成の世の中に引きずったとしても世間は受け入れる筈は
ありません。
そして児童相談所の業界を見ておりますと、昨年8月に千葉県で職員が高級外車を
公務所の玄関に横付けしたり、新築の相談所にはセンサーを設置したり等の税金の
ムダ使いと職員のモラルのなさぶりが業界レーダーにて実態が暴露され、物議を
醸したばかりでなく、昨年11月には児相被害を撲滅する会が国連子ども権利委員会
2018年審査に対して代替報告書を単独で提出し、今年2月のスイス・ジュネーブで
開催されたサブセッションに同会が呼ばれ、会の代表のスピーチの後の質疑でロシアの
ハゾヴァ副委員長は「日本の児相が行っている事は中世の世の中と同じ」との発言を
筆頭に各国の委員からは次々に非難の発言が相次ぎ、日本政府は国連のセッションの
場で大きな非難を浴びる事態となったのは事実であります。
先日、List of Issue国連子ども権利委員会から発表されましたが、日本の児相や
施設について様々な問題点が指摘されております。
そして日本語訳を巡って一部の団体が肝心な部分を意図的に翻訳せずにとぼけて
いると云ったことや、日弁連の報告書について異議ありと云う話も聞いております。

このような最中での筆者誠明学園入所から34周年を迎えたわけでありますが、
いい加減に誠明学園国連で施設内暴力と虐待について議論がされているわけで
ありますので、昭和の時代からの腐った体質から脱して児童・生徒に対する暴力や
虐待を追放し、世界で通用するクリーンな施設に生まれ変わるべきであります。
そのためには日本の政府は施設や少年院や刑務所等で過去に起きた職員による
暴力や虐待等の犯罪を民法や刑法等の時効等にとらわれずに、人権先進国でも
あるドイツを見習って犯罪職員を処罰する法律を制定し、施設内暴力と虐待被害者を
救済する必要があります。
施設内暴力と虐待の追放は誠明学園だけでなく、施設の業界での重要なポイント
ですので日本政府と東京都を始めとする地方公共団体は真剣に考えるべきであります。

2018年3月6日の筆者からの提案です。





2018/03/06(火) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

3月3日(2018年)

本日は3月3日ひなまつりです。
一般世間でも、誠明の業界でも本日はひなまつり一色かと思いますが、
本日の筆者は最近のストレス多き状況下にあり、気分を転換するために仕事
終った後に思わず取材カーを横浜へ飛ばして懐かしの場所へ行ってしまいました。

横浜蝦夷店舗前
店   名 北海ラーメン 蝦夷
住   所 神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷町1175-6 (相鉄線西谷駅 国道16号線沿い)
営業時間 11:00〜翌1:00(L.O)
定 休 日 木曜日
電話番号 045-381-2319


このお店ですが、筆者にとっては思い出深いお店で、横浜でリサイクル仕事
していた時代にみんなで食事に行ったり、店員さんが個人的にご来店を頂いたり、
などのおつきあいもあり、大変お世話になった事もあり、時折、伺っております。
振り返れば、当時のリサイクルの店舗は倉庫をそのまま店舗にしており、
社長と筆者は店の中で暮らしており、近所に誰も知り合いもいない中で
このお店だけでなく駅前の飲み屋さんや焼鳥屋さんなどの協力も得て来た経緯も
あります。
同店の名物料理は何と言っても「肉味噌ラーメン」であり、この店舗も聞くところ
によりますと、筆者が生まれた年に開業し、この肉味噌ラーメンのヒットで現在の地に
店舗を建てたと云う逸話もありますが、筆者はこのお店を愛して止まないファンの
一人でもあります。

蝦夷名物辛味噌ラーメン 名物 肉味噌ラーメン 880円~

本日は、こんな感じの筆者のひなまつりの日でしたが、せっかく横浜まで来ましたので
横須賀まで足を延ばして取材をしてから戻ろうと思っております。
読者の皆様には、ひなまつりをお楽しみ頂ければと思っております。





2018/03/03(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

3月1日(2018年)

本日は3月1日です。
本日の天気は大雨から晴れと云う変わった天気で始まったような気が
します。
天気予報を見るとお昼の気温は20℃を指し、暑く感じたのは事実です。
そして年度末も始まり、忙しくなりますので読者の皆様には事故等が
なく無事にこの年度末を乗り切って頂ければと思っております。




2018/03/01(木) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2018年2月)

本日は2月28日、今月も最終日となりました。
今月は一年のうちで一番日数が短く、寒さの最も強い時期でしたが、
寒い2月も本日で終りますが、まだまだ油断はできない状況下での
月末となりました。
今月一ヶ月を振り返ってみる事にしたいかと思います。


児相問題
児相被害を撲滅する会が国連子ども権利委員会のサブセッションに参加しました
7日の日ですが、児相被害を撲滅する会の代表がスイス・ジュネーブで開催された
子ども権利委員会のサブセッションに参加しました。
セッションの中で日本の児相の悪行三昧ぶりに各国の委員からは驚愕の声が
挙がったのは云うまでもありませんが、日本の政府には児相の拉致問題だけで
なく、子どもの人権について考えるべきであります。
現在、国連内で日本へのlist of issueの作成が行われておりますが、発表が
あり次第、当サイトと業界レーダーにおいて公表させて頂きますので今しばらく
お待ち頂きたいかと思います。

栃木県県北児相の通知書一時紛失問題
国連の子ども権利委員会のサブセッションの最中で国内では栃木県の県北児相が
保護者に渡すはずだった一時措置解除(別名:拉致解除)の通知書を一時紛失すると
云う事件が発生しました。
原因は職員がクリアフォルダをかばんにしまう事なく、私有車に放置したのが
原因ですが、記事でも書きましたが、職員の個人情報の管理のズサンさに
筆者は呆れたのは事実でありますが、こういった事からして日本の児相の
実態は世界から人権後進国のレッテルを貼られている状態でありますので、
栃木県は個人情報の管理について考えて頂きたいかと思います。


東京都福祉保健局問題
職員2名が同時に懲戒免職(W懲戒免職)という失態
15日の東京都総務局の発表によりますと、福祉保健局の職員2名が同時に
懲戒免職という異例の事態が発生しました。
詳細は記事でも書きましたが、東京都福祉保健局の堕落ぶりには呆れましたが、
こういった問題のある職員を使い続ける東京都福祉保健局のグータラ違法公務の
数々には言葉を失ったのは事実であります。
いい加減に局長の梶原洋を筆者・編集部では日本国憲法第15条の規定で罷免
しておりますので即刻、局長を辞任して頂きたいかと思います。


筆者・編集部
夜間の緊急水道工事を行いました。
記事でもお伝えしましたが、高額の水道料金の請求で東京都水道局から
お知らせが入った事を受けて、7日の夜間に緊急の水道工事を行いました。
今回はお風呂場の洗濯機のホースの老朽化で水漏れが原因でしたが、
改修後は快適に使えるようになりました。
ですが、元止めの蛇口をオーバーホールしましたが、不具合箇所が
ありますので後日、交換修理をしたいかと思います。

四国民事訴訟問題
先月の記事で四国地方で民事訴訟が勃発と云う記事を書きましたが、先日、
知人の支援の為に筆者が新品のインクジェット複合機を購入の上で四国へ
向けて発送しました。
この兄弟ケンカの最悪版と云える訴訟合戦ですが、原告の支離滅裂な反論書や
陳述書を読んでおりますと、呆れるばかりであり、肝心の賠償の問題はそっちのけ
で事故の原因や車の価値どうのこうのばかりを述べているというメチャクチャぶり
であり、原告は裁判所と云うのがどういった場所なのか言葉も出ない始末で
あります。
筆者としましては、この裁判が一日も早く終息へ向かう事を願っております。

ワープロソフトを18年ぶりに代替しました
使用18年を超えた老朽化したワープロソフトを先程の記事でプリンターを購入と
同時に行いました。
代替後の使用の一号は裁判書類の支援文書となってしまいましたが、新型の
ワープロをじっくり触ってみたいのはヤマヤマですが、時間が欲しいと思う
筆者のこの頃でした。


今月は短い時間に様々な事がありましたが、明日からは3月へと突入します。
年度末と筆者のお酒プロジェクトではビール樽等の値上げもありますが、読者の
皆様には、転勤や卒業等の大きなイベントもあり、日本中が忙しくなる季節と
なりますので、事故やケガ等なく、無事に新年度を迎えるための準備をして
頂きたいかと思います。



2018/02/28(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »