業界スコープ

児相問題学習会のお知らせ【4月23日明治大学で開催】

無法者の児童相談所による一連の児童拉致問題と人権侵害等についてCRC日本が
国連の子どもの権利条約委員会への報告に向けての学習会が開催されます。

    開  催  日 4月23日(日)13:30~17:00

  開催場所 東京都千代田区神田駿河台1丁目1 明治大学駿河台
                キャンパス リバティータワー9階1096番教室


   参加費用

                    一般 1,000円
          CRC会員  500円(当日、最新号の機関紙本体<複写不可>をご持参下さい)

   懇親会
         3,500円(25名予定 参加者は4月15日までにまでご連絡をお願い
                                 します)


                
  主 催 者   子どもの権利条約(CRC)日本


423学習会案内-001        423学習会案内-002
学習会チラシです。それぞれのサムネイルをクリックすると大きな画像でご覧頂けます。


今回の学習会では、『児相利権』(八朔社)の共著者による講演も行われます。
そして講演と併せて参加者からの児相被害体験について発表ができるコーナーも
設けてありますので、発表されたい方はご連絡をお願いします。
懇親会もございますので、ご参加されたい方は4月15日までにご連絡をお願い
します。

尚、関係者への連絡先はチラシ内にありますのでご参照下さい。

今回の学習会には筆者(業界スコープ編集部 業界レーダー編集部 編集長)も参加しますので、
よろしくお願い申し上げます。

2017/03/26(日) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

バタバタしております

年度末も後半に入りましたが、筆者は相変わらず忙しい状態が続いて
おります。
児相拉致問題で数件ご連絡を頂いておりますが、ご連絡ができずにいる
状態です。
それどころか、児相を巡る様々な問題が噴出しておりますが、手つかずで
いる状況が続いております。
この忙しい最中に1月の札幌市児童相談所での一連のわいせつ事件が
21日に札幌地裁で初公判となりました。
被告職員は後半において犯行事実を全面に認めているとのことです。
ですが、この最中にも各地の区市町村等が児童相談所の設置計画を
発表しており、油断もできない状況が続いております。
その一方で大阪堺市では児童自立支援施設の設置をめぐっての動きも
あり、お役人の暴走はエスカレートしているようにも見えます。
児相と施設の暴走ぶりには十分ご注意頂き、被害者をこれ以上増やさない
ためにも児相設置反対と施設内暴力・虐待追放についてご声援賜ります様、
お願い申し上げる次第であります。

明日も覆面トラックで合計で7t近くのお酒の山を運ばなくてなりませんので
もう少しの間、お時間を頂きたいかと思いますのでよろしくお願い申し上げます。



2017/03/22(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

東北地方太平洋沖地震から6年

本日は平成29年3月11日です。今から6年前のこの日、岩手県沖を震源とする
東北地方太平洋沖地震が発生し、尊い命が犠牲になったばかりでなく、
津波の影響で東京電力福島第一原子力発電所の非常電源が失われた事により
原子炉が破損し、6年経った現在でもご自宅に戻れない方もおり、未曽有の災害の
恐ろしさを地で見せつけられたのは事実です。

昨年の特集以後、筆者はあの震災当日の事を記録するべく、越谷市の被災現場と
なった越谷レイクタウンを取材し、当時の様子を振り返ってみることにしました。

越谷レイクタウン概略図と当日枠付き

被災当時の事を思い出しますと、イオンアウトレット2Fの現場兼資材置き場で筆者は
ダウンライトの器具に使うトランスを1Fの作業現場に持っていく準備をしておりました。
しばらくして建物が揺れだし、「あれ、地震だ。すぐに収まるだろう」と思っておりました。
ですが、揺れがだんだん激しくなり、「これはえらい事だ」と思ったのは事実ですが、
天井がつり下げられていた誘導灯が大きく揺れ、ストンと玄関のドアの桟の部分に
乗っかったのです。

資材置き場 工事が終わった後に資材置き場としていた2Fの被災現場(筆者撮影)

揺れがおさまり、しばらくしてから筆者はダウンライトのトランスを持って親方の所へ
行きました。

作業現場 当時、作業現場だった1F店舗(筆者撮影)


親方は揺れた当時、ローリング梯子の上にいましたが、これはと思って飛び下りて
無事だったと云っていましたが、元請けの親方は天井裏の中におり、激しい揺れで
脱出するのは危険と判断し、その場で釣り天井の全ネジにしがみついていたとの
事ですが、無事だったのです。
外を見ますと、営業しているモールからは従業員がお客様を階段で誘導して避難を
しておりましたが、しばらくして現場内では「映画館の天井が落ちた」という情報が
出回った事を覚えております。


営業店内での揺れの様子(You Tube yasagurya様撮影)

時刻は15時を過ぎ、これ以上作業を続行することは危険と監督が判断し、当日の作業は
中止となり、帰ることになりましたが、電話が錯綜してかからない状態になり、筆者の兄と
連絡が取れなくなりましたが、運がいい事にB2のYA君からの電話がかかり、被災安否を
聞いたところ「食器棚のガラスが割れた」という話を聞きました。
回線が錯綜しておりますので、手短な話しかできませんでしたが、ホッとしたのは事実で
あります。

帰宅するために駅前の駐車場へ向かう最中で営業店内から続々と外への避難が続いて
おりましたが、スーパーの女性店員さんが同僚の方2名に両肩で担がれて避難している
方もおりました。
そして、2回目の大きな揺れが来た時、筆者と双方の親方は駅とつながるスカイデッキが
ねじれているシーンを目撃しました。
揺れの影響からか、壁面のALC壁が壊れ、落下しておりました。
揺れがおさまってから、スカイデッキの下にあったペットショップの店員さんに事実を伝え、
店員さんはすぐにどこからとなくカラーコーンを持ってきて危険箇所を囲いました。

周辺道路は渋滞を起こし、動かない状態となっておりましたが、筆者が抜け道をたまたま
知っていたため、何とか無事に事務所に戻り、取材カーで緊急に掃除機を買い求め
編集部に戻ってきましたが、イメージスキャナーが1/2程、パソコンデスクからはみ出し、
もう少しで落下するところで止まっていました。
その他の箇所も点検を行い、大急ぎでテレビをつけ、情報を集め、緊急特集の記事を
書いた事を覚えております。


震災当日の事を振り返ってみましたが、当時の事を思い出しますと、テレビでは、被災地が
津波に飲み込まれるシーンから始まって大規模な火災の模様が次々と流れていた事を
覚えております。
今年で震災から6年を迎えますが、この震災でお亡くなりになられた方に対しまして筆者・
編集部では哀悼の意を表しますと共にご冥福をお祈り申し上げます。
災害はいつ起きるかわかりません。読者の皆様には日頃からの備えがいざという時に
役立ちますので、日頃からの準備をお願いしたいかと思います。


2017/03/11(土) | 震災・災害等 | トラックバック(0) | コメント(0)

児童相談所による拉致裁判情報

児相による子供の違法拉致についての公判日程が入りましたので、
お知らせします。

日   時:2017年3月29日 午前11時00分
場   所:さいたま地裁
法   廷:C棟105号法廷
回数等:第27回口頭弁論
被   告:埼玉県

皆様の熱い応援を傍聴席からお願い申し上げます。

尚、この情報は読者の方から寄せられた情報であり、
情報をお寄せ頂いております読者の方には感謝申し上げます。
今後、児相による拉致問題や施設内暴力や虐待の公判情報等が
ありましたら当編集部までお知らせ頂ければ掲載させて頂きます
のでご協力をお願い申し上げます。


2017/03/06(月) | 東京都/児童相談所/養護施設/福祉施設の業界 | トラックバック(0) | コメント(0)

3月6日(2017年)〜 筆者の誠明学園入所の日から33年 〜

本日は3月6日昭和59年3月6日、筆者が誠明学園入所した日であります。
今年で入所から数えて33年を迎えました。

施設内暴力監視


この33年を振り返ってみますと、誠明の業界は相変わらず昭和の時代のまま
今日まで来ており、職員による児童生徒への暴力や虐待は続いているのが
現状であります。
それどころか、児童相談所の子どもの拉致暴走はエスカレートしており、
現在、埼玉県では保護者からの訴訟が2件も提訴されているという異例の
状態となっております。
これらの訴訟潰しとしか云いようのない法改正についての報道もあり、日本が
時代に逆行しようとしているのも事実であります。

各施設の業界を見渡して見ますと、児童相談所の職員が大麻やわいせつ等で逮捕さ
れたり、児童自立支援施設の職員による生徒への暴力や老人施設では入所者の
殺害等の犯罪のオンパレード状態が続いており、乳児から老人に至るまでどの施設の
業界でも被害者を出し続けているのが現状であります。

そんな中で迎えた33周年の日ですが、テレビのニュース等を見ますと、本日、午前に
北朝鮮が日本海に向けてミサイルを発射したり、マレーシアでの金正男氏殺害事件を
巡り、マレーシア政府が北朝鮮の大使を国外追放マスコミが大々的に報道が吹き荒れる
荒れ模様です。

このような荒れ狂う平成28年の3月6日ではありますが、筆者・編集部では今後とも
施設内暴力・虐待追放をスローガンに活動を進めて参りますので、読者の皆様には
今後とも変わらぬご声援とご支援をお願い申し上げます。


                               2017年3月6日

                               業界スコープ編集部
                               業界レーダー編集部
                                公用回線ウォッチャー

                             編集長 業界のフォーカスマン



2017/03/06(月) | 誠明学園 | トラックバック(0) | コメント(0)

ひなまつり(2017年)

本日は3月3日、ひなまつりです。
毎年恒例の行事ではありますが、世間でも誠明の業界でもひなまつり
一色の状態となります。
今年は昨年のように大きな事故等もなく、ゆっくりしたひなまつりとなりました。

ひなまつり2017
Copyright © 2017 ACworks Co.,Ltd. All Rights Reserved.

本日の筆者はいつものように覆面トラックでお酒プロジェクトに追われておりました
が、運がいい事に早めに終わる事ができました。
昼間は温かい感じがしておりましたが、15時を過ぎた当たりから冷えてきた感じが
しておりましたが、日が落ちると寒いのは事実です。
ですが、本日はひなまつりですので、ご家庭で楽しむのもよし、仲間と楽しむのも
いいかと思います。
そして本日は金曜日、明日は土曜連休になる方もいらっしゃるかと思いますが、
くれぐれも飲み過ぎないでひなまつりをお楽しみ頂ければと思っております。



2017/03/03(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

荻原瞬の暴力団仲間がトラック窃盗容疑で逮捕されました

某掲示板で荻原瞬仲間として名が出ております暴力団仲間西嶋健太
合わせて男女3名がトラック窃盗事件の容疑で長野県警捜査3課に逮捕
されました。

逮捕されたのはいづれも職業不詳の
長野県上田市大屋 西嶋健太(41)
西嶋容疑者宅に住む高橋優子(44)
長野県小諸市和田、吉田昌史(33)
ら男女3人です。

報道によりますと、今年2月11日頃、山梨県甲府市の土木会社の駐車場から
クレーン付き4tトラック2台(時価250万円相当)を窃盗した容疑です。

4tユニック 被害にあった4tユニック(この写真はイメージです)

長野県警捜査3課の説明によりますと、昨年秋頃から貨物自動車等の窃盗
被害が急増し、特に被害が多い東北信地方の6つ警察署と県警本部は合同
捜査態勢で捜査をしたところ、甲府市窃盗事件について関連が浮上し、
長野県警と山梨県警が共同捜査の結果、容疑が固まったとして3人を逮捕
しました。


筆者はこの報道を見ておりましたが、荻原瞬暴力団仲間が警察に逮捕された
事を受けて急遽、特集を組みましたが、平成24年の事件について被害届を受理
しないわ、コンビニエンスストアのレジに犬を入れて写真をネットワークで流通
させてコンビニ本部と加盟店の業務を妨害したり等の犯罪のデパートと云うべき
荻原瞬逮捕しないで野放しにしている長野県警のデキレース報道には呆れた
のは事実であります。

情けない長野県警のデキレース報道でした。



2017/03/03(金) | 長野県佐久市荻原瞬問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

3月1日(2017年)

本日は3月1日、年度末の始まりです。
誠明の業界も師走と同様に世間も忙しくなる時期に突入しました。
誠明の業界を見ていても卒業式と同時に始まる新年度の切り換えという
Xデーと卒業式に備えての練習が連日のように行われ、必ず練習中に
誰かしらが職員からの暴力被害を被る恐怖の季節ですが、卒業式の
日のお昼を以て新年度に突入し、2年生はバタバタする事がないように
しっかり最終確認をして頂きたいかと思います。
世間でも年度末とあり、忙しくなりますので交通事故や病気には十分
ご注意頂きたいかと思います。

本日の筆者は相変わらず覆面トラックでお酒プロジェクトの仕事を
しておりましたが、午前は2tちょっとを6件、午後からは3t相当のお酒を
6件でしたが、午後の分はお正月前を彷彿させるボリュームでしたが、
秘密兵器を駆使して何とか仕事を終わらせましたが、明日もちょっと
バタバタしそうではありますが、覆面トラックのDPFの困ったちゃんが
しょっちゅう焼け・焼け・焼けとランプが点灯して筆者の足を引っ張って
おり、時間との戦いを邪魔しており、頭を悩ませております。
それだけでなく、またもや、当サイトへの著作権侵害がYou Tube上で
行われている事を発見し、削除の申し立てをする事態となっており、
筆者の休まるところがない状態です。

こんなバタバタで始まった筆者・編集部の3月ですが、読者の皆様には
落ち着いて仕事などをこなして頂ければと思っております。


2017/03/01(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2017年2月)

大寒を過ぎ、季節は春の方向に向かいつつありますが、誠明の業界では
来月の卒業式を目指して卒業式の練習が始まり、来月のXデーの卒業式を
目指して追い込みの時期になっております。
誠明の業界だけでなく、世間も3月の年度末に突入しようとしております。
2月は一年の中で一番短い月ですが、筆者からしますとあっと言う間だった
ような気がしてなりません。
本日は月末ですので今月一ヶ月を振り返ってみたいかと思います。


児童相談所問題
札幌市児童相談所の職員が再逮捕された事を受け、編集部では
札幌市々長と児童相談所々長の辞任要求と職員総入れ換えを要求する
非難キャンペーンを行いました

先月の記事でもお伝えしました札幌市児童相談所職員による小学男児への
強制わいせつ事件について、警察が捜査を行った結果、9日に児童相談所の
一時保護所内でも同じ被害男児に対する強制わいせつ容疑が固まったとして
北海道警察白石署はこの職員を再逮捕しました。
ですが、札幌市児童相談所はお決まりの逃げを打とうと人事情報を巡って札幌市
教育委員会との攻防戦を演じるというお粗末で杜撰でこのような事件を起こした
責任をなすりあう茶番劇に筆者は呆れたのも事実です。
これら、札幌市と云い、札幌市児童相談所と云い、被害者の事をこれっぽっちも
考えようとしない事から筆者・編集部では札幌市々長と児童相談所々長の辞任
要求と職員総入れ換えを要求する非難キャンペーンを行いました。

児童相談所のデキレース報道について筆者が思う事
これらの児童相談所の犯罪が明らかになる一方で、マスコミのデキレース報道
について筆者は疑問を持っていたのは事実です。
それはと云いますと、これだけの違法な拉致を行って起きながら、親の虐待に
すり替えて児童虐待が増えているといういい加減な報道を鵜呑みにして児童
相談所や施設を増やしても施設内暴力・虐待被害者が増え続ける現状の中で
根本的な解決になっていない様な気がします。
連日のように筆者はメール監視システムにおいて児童相談所のニュース等を
見ておりますが、全国的に区市町村が児童相談所の設置についての説明会や
計画等が相次いで発表されているニュースが増えているのも事実であります。
ですが、昨年、大阪市は高層マンションのジーニス大阪内に児童相談所を
設置しようとしましたが、住民の圧倒的多数の反対で大阪市が敗退する結果
になった事から児童相談所が嫌悪施設であることが実証されたのは事実であり、
児童相談所を建設すれば拉致被害が増え、訴訟が起き、最終的には賠償金の
山となり、北海道夕張市のように町の財政は破綻し、最終的にはそこに暮らす
住民が増税等で苦しむ事になるのは見えているような気がします。
そうならないためにも皆様には報道を見る目を変えて頂きたいのと同時に
児童相談所の実態を知って頂ければと思います。


筆者・編集部
あっと言う間の一ヶ月でした
2月が始まったかと思えばあっと言う間の一ヶ月でした。
連日のように筆者は覆面トラックで飛んで歩いている状態が続いており、
少し疲労がたまってきたような気がします。
ですが、お客様のためにも筆者は覆面トラックで商品を運び続けなければ
ならないのは事実でありますが、来月は少しゆっくり出来ればと思います。

Kitchen Studioの湯沸器を代替えしました
記事でも書きましたが、23年という長い時間稼働し続けてきた湯沸器ですが、
寿命を全うしたことから代替えを行いました。


来月は3月、年度末となりますので、万全の体制で一ヶ月を読者の皆様には
乗り切り、明るい春を迎えて頂ければと思っております。


2017/02/28(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【お巡り注意】高圧ガス運搬をネタにした職質が増えております

最近、警察が東京オリンピックをネタに白昼からトラックを捕まえて職務質問で
アラ探しをして高圧ガス保安法違反を摘発する動きが増えております。
なぜかと云いますと、飲酒運転の違反より大きな罰金を手にすることができる
ことと、警視庁が取り締まり強化と云う事が報じられております。
知恵袋などの質問サイトを見ておりますと、LPガスを従業員に運搬させたところ、
不幸にも警察摘発され、後に社長が逮捕されたという事例もあり、人事ではない
のは事実です。

対象のガス
炭酸ガス お店の生ビールでおなじみの炭酸ガス

お店の生ビールでおなじみの炭酸ガスですが、これも立派な高圧ガスの仲間であり、
高圧ガス保安法において「種類による容器の種類」「ボンベの塗色」が定められており、
運搬するには高圧ガス保安法だけでなく、道路交通法や道路運送車輛法等の規制を
受けます。
今回のお酒プロジェクトで対象となるガスは炭酸ガスですが、規制の対象に触れます。
高圧ガスについての扱いに関して筆者はガス溶接の資格を取得しておりますので、
万一、摘発されますと、警察や検察などで思いっきり突っ込まれる事が予想されますので
会社と共に対策を講じる事にしました。


高圧ガス警戒表示
覆面キャンター正面  覆面キャンター後部
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

対策の基本中の基本であります、車体前後に高圧ガス警戒標識の警戒表示を
行いました。
このステッカーを貼らないで摘発されますと50万円以下の罰金となりますが、摘発
事例では表示が片方しか貼られていない違反が多いとの事ですので、読者の皆様には
高圧ガスを運搬する際には車体の前後に必ずステッカーを貼って頂く様にお願いします。


イエローカード
イエローカード表 イエローカード裏
それぞれのサムネイルをクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

緊急時の連絡先と対処方法が書かれた用紙の事をイエローカードと呼びますが、
これも高圧ガス保安法の規則で搭載することが義務となっておりますので筆者が
作成しました。
作り方ですが、ネット上に「高圧ガス イエローカード ダウンロード」等の語句で
検索して頂きますと書式が入手できます。
データをダウンロードしたら、黄色いコピー用紙を準備して紙の前後に両面印刷し、
緊急連絡先を記入して下さい。
尚、筆者の場合は元請けの会社と所属する会社の責任者の名前を記入して
あります。

尚、今回は特別に筆者が特製の炭酸ガス用のイエローカードを作成しましたので
ご利用になりたい方はここをクリックしてダウンロードの上でご利用頂ければと
思います。
黄色に着色がしてありますので、お手持ちの上質紙に両面印刷をすれば書式が完成
しますのでご活用下さい。

今回の高圧ガス運搬は「不活性」「少量」での運搬方法ですが、LPガスやアセチレン等
の可燃性ガスや酸素等の支燃製ガスの場合は、これらに加えて
・応急防災工具セット(市販品で25,000円~)
・自動車用消火器(家庭用の代用はできません)
が必要になりますので、運搬する前にはガス屋さんや警察や経済産業省等の機関に
お問い合わせを頂いた上で準備を行った上で運搬を行って下さい。


読者の皆様には高圧ガスや危険物を運搬する際の注意事項をまとめてみましたが、
くれぐれも表示なしにこれらの高圧ガスなどの危険物の運搬はとんでもない災難を
招く事になりますので、ご注意頂きたいかと思います。






2017/02/26(日) | トラック/自動車等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »