業界スコープ 薄毛対策

【異常気象/筆者を殺す気か!?】2度目の熱中症に襲われました

先月の記事で熱中症について書きましたが、今年の夏は殺人の夏と呼べる
位の異常気象で連日、気温が34℃と異常な状態が続いております。
世間では「水分を摂れ」「塩分を摂れ」と云う事で筆者も前回の件以後、
水分と塩分の他に対策として覆面トラックに扇風機を設置したり、非常の際に
備えての経口補水液と食塩を常備したりの準備を行っておりました。

扇風機登場 覆面トラックに設置したバッテリー扇風機

ですが、対策も虚しく、体調が悪い状態が続き、広島長崎の原爆の日と
終戦記念日の記事の執筆もままならない状態が続いており、悩まされて
いる最中に体調を崩し、本日、暴露クリニックで再度、診察を受けるハメに
なりました。

暴露クリニック
今年度の熱中症で二度もお世話になるハメに
なった暴露クリニック


診断の結果、またもや熱中症と云う診断が下され、点滴をするハメになりました。

点滴中
暴露クリニックで再度の点滴を受ける筆者

前回を反省し、対策を講じたにも関わらずこのような結果になった筆者としましては
非常に頭が痛い問題であり、筆者としましては地球に殺意を感じたのは事実ですが、
自然の環境がこれだけ温暖化しているのは事実ですので、さらなる対策を講じなければ
と思っております。

暑い夏は続いております。誠明の業界では夏期日課が続いており、世間ではお盆を
過ぎてホッとしているかと思いますが、まだまだ油断はできませんので、読者の皆様
には引き続き、熱中症に対する厳重な対策をお願いしたいかと思います。
ちょっとでも体調がおかしいと思ったら無理をせずに医師の診断をお受けになる事を
おすすめします。

地球に殺されてたまるかと誓う、筆者の近況をお伝えしました。



2018/08/17(金) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

暑い夏をぶっ飛ばせ!! /特製なめこ汁を作ってみました

連日のテレビ報道で「危険な暑さ」というとんでもない見出しが踊っている場面を
目にしますが、筆者自身も先日の記事ではありませんが、今年も熱中症に見舞われ
ヒドイ目に遇っております。
そんな中でお盆も近くなってきておりますので、今日は編集部特製のなめこ汁
作ってみる事にしました。


調理の模様はYouTubeにアップしてありますのでご覧下さい。

今回は某テレビ番組で話題のにぼしだしにかつおをプラスしてみました。
考えてみますと、昔はだしは各家庭で出していましたが、近年では〇の素の〇だし
等の化学調味料を使う方が多いかと思いますが、安全の事を考えますとちょっとと
思います。
そこで某テレビ番組で話題になったにぼしだしを取ってみたところ、非常に簡単に
だしを取る事に成功しました。
それは云いますと、約1ℓの水ににぼしを約3本程入れて冷蔵庫で一晩寝かせるだけ
というお手軽な方法ですが、煮て出すより雑味もなくいい感じでしたので皆様にも
実行して頂ければと思っております。

にぼしだし
写真の耐熱計量カップで約2杯分のだしが取れます。
この計量カップは500mlまで計れますが、実際には約600mlまで
水が入ります。


思い出したのですが、海軍めし炊き物語でもいりこだしを取るには前日の晩にいりこを
そのまま水の中に放り込むだけという記述があった事から今回のだしの取り方の原点は
海軍式が原点だったのではと筆者は思います。

なめこは良い成分が含まれており、調理方法も簡単ですので、今回のなめこ汁以外にも
大根おろしと合わせたり、そばに入れたりと様々な食べ方があります。
それだけでなく、スーパー等で100円以下で入手できますので、今年の夏は異常気象で
野菜が高くなっておりますので、栄養満点ですので、今夜の味噌汁におかずになめこ
活用してみてはと思っております。

作り方や材料は普段使われているもので大丈夫ですので、だしを変えて見るのも
良いかと思います。
だしは調理の基本と云われるだけの事がありますので、筆者・編集部では今後も
味への追求をして行きたいかと思います。




2018/08/12(日) | Kitchen Studio | トラックバック(0) | コメント(0)

8月1日(2018年)

本日は8月1日真っ只中での1日となりました。
誠明の業界では毎年恒例の期日課が始まり、一般学生は休みに
突入しました。
毎年続く期日課ですが、乗り切れば先には期帰省も待っていますので
誠明の業界の皆様には乗り切って頂きたいかと思います。

先月から続く毎年恒例の最大の拉致キャンペーンも行われておりますので
保護者の皆様には児相の拉致や警察の補導などに合わないようにお子さまに
お話をして頂き、警戒をして下さい。

こんな話から始まりましたが、8月は歴史的な様々な行事が行われ、15日の
終戦記念日を境に世間はお盆となります。
本日の筆者はこの暑い最中に覆面トラックでお酒プロジェクトに追われて
おりましたが、本日はさいたま市で37℃を越える猛暑となり、今現在
(21時15分)でも熱帯夜の様相を示しているのは事実であります。
先日の総論でもお話しましたが、夜間にも熱中症が発生しやすくなって
おりますので、水分補給は必ず行い、熱中症には十分ご注意頂ければと
思っております。
、最後の1ヶ月ですので、読者の皆様には夏を思いっきりお楽し頂ければと
思っております。


2018/08/01(水) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2018年7月)

季節はすっかり夏となりました。本日は7月31日です。
本日の筆者は相変わらずお酒プロジェクトに追われておりますが、
今月の筆者は惨憺たる一ヶ月でした。
今月を振り返ってみることにしたいかと思います。

誠明学園問題
スーパー問題職員YAによる昭和61年の七夕暴行脅迫事件について
YouTube上でストーミングライブ放送を行いました。

昭和61年7月7日に発生しましたスーパー問題職員YAによる七夕暴行脅迫事件
から32年を迎えるに当たり、初めてでしたが、YouTube上でストーミングライブ放送を
行いました。



今回は32年の年月もの間、筆者を悩ませ続けていたスーパー問題職員YAが筆者の
事を殺しに来るのではという毎年恐怖に襲われている事を中心に児相問題やそれを
取り巻く団体の問題についてフリートークの形式で放送を行いました。
ですが、当日の機器の調子が悪いいために、お見苦しかった事については重ねて
お詫びを申し上げます。


筆者・編集部
熱中症にかかり、ヒドイ目に遭いました
昨年の8月に作業中に息苦しくなり、頭痛もするわで仕事が終った後に会社の
近所の医院で診てもらったところ、熱中症と云う事が分かり、点滴を受けるハメに
なったこともあり、今年度はその教訓を生かしてこういった事態に備えて非常用の
経口補水液を準備した上で塩分補給も行いながら警戒をしてはおりましたが
9日以降の猛暑が昨年を上回る異常な高温のためか、次第に調子が悪くなり、
19日の昼間の積込み時に作業後の水分を取ったところ、急に嘔吐してしまい、
急激に調子がおかしくなりました。
そして、翌20日の夕方に昨年お世話になった医院で診てもらったところ、
昨年と同様に熱中症と云う診断が下り、またもや点滴をするハメになりました。

点滴の跡
病院で処置後の筆者。ひどい脱水で血管が細くなり、点滴液の入りが悪く、
点滴の針の差し直しを3回もするハメになりました。


写真をご覧になるとお分かり頂けますが、今回の嘔吐を伴う脱水が血管にまで
影響を及ぼしており、細くなっているために、点滴液の入りが悪いと云う事で
点滴の針の差し直しが合計で3回も行われ、4回目の手の近くの血管に細い針で
やっとこ点滴液が入るという有り様でした。
これらは医師や看護士の技術の無さではなく、筆者の体の調子や都合に合わせた
事であり、ヤブとは云えませんが、読者の皆様には熱中症にご注意頂きたいかと
思います。

覆面トラックに作業用扇風機を導入しました。
先程の熱中症の件を受け、作業時間の長い現場(問屋A+I・販売店OG+OH+KO等)向けに
外部12Vバッテリー駆動の扇風機を導入する事にしました。

扇風機登場
肝心の材料のヒューズ付きコードの入荷が大阪地震の影響で注文から1週間もかかりました。
ですが、現地の事を考えれば贅沢は言っていられませんが、熱中症対策には必須の部品
ですので、1週間我慢して待っていました。


材料ですが、扇風機は今から約10年位前に運転手仲間から頂いた物があり、
バッテリーは3月の簡易アーク溶接の際に登場した取材カーから引退した
中古のバッテリー(40B19L)を使用した事でヒューズ付きコード以外の部分には
一円もお金がかかっておりません。
筆者・編集部ではリサイクルできるものはリサイクルする、中古で間に合う物は
中古で揃える、在庫があるものは活用すると云う方針で今後とも運営に当たって
行く方針であります。


佐久市荻原瞬問題
昨年の逮捕から1年を迎えました
先日の記事で昨年7月23日に同じ暴力団仲間を脅迫したとして警視庁に
逮捕された長野県佐久市のチンピラでおなじみの荻原瞬が逮捕されてから
23日で1周年を迎えました。
ですが、相変わらず佐久の地で傍若無人に闊歩し続ける荻原瞬を
筆者・編集部としましては平成24年の事件の件もありますので、
今後ともこの件に関して責任追求する方針であります。


哀れなお役人という名のつく幼稚園児以下の輩
またもや嫌がらせの削除依頼をサーバー業者にした愚か者の
弁護士と加害者の対応に追われました

当サイトグループで扱っている記事で職員の懲戒免職を含む懲戒情報
についてまたもやサーバー業者に対して嫌がらせの削除依頼が行われ、
筆者・編集部では対応に追われました。
これらの記事ですが、既に報道において国の大臣や都道府県の知事や
市町村長が地方公務員法29条国家公務員法82条に基づいて発表
した事実しか扱っていないにも関わらず、法律の専門家である弁護士も
加わっての嫌がらせを見ておりますと、弁護士たる者が法律も知らないで
私情にかられて法的な権限がないにも関わらずこのような事をしている
のですから呆れたのは事実であります。
そして、以前の記事等でも当編集部の記事に文句があるのであれば
正々堂々と当編集部に連絡をするのが筋であります。
連絡先のFAXやお問い合わせフォームやメールアドレスは公開して
おりますので、FC2様に対しての迷惑行為はお止め頂きたいかと
思います。


今月は忙しいは、熱中症になるわで惨憺たる一ヶ月でしたが来月は8月です。
誠明の業界では夏期日課も始まると同時に世間ではお盆に向けて動く時期と
なりますので、読者の皆様には熱中症や事故やケガに注意し、有意義ある
夏をお過ごし頂ければと思っております。




2018/07/31(火) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【平成29年 舎弟脅迫事件】荻原瞬の逮捕から1年

長野県佐久市チンピラでおなじみの荻原瞬が平成29年2月に暴力団仲間を
脅迫した容疑で平成29年7月23日警視庁昭島警察署に逮捕されてから
本日で1周年を迎えました。

荻原瞬平成29年 昨年7月の逮捕当時の荻原瞬(警視庁昭島警察署にて)

昨年の逮捕のニュースはテレビ・ネット・ラジオ・新聞等のメディアを始め、
雑誌系ニュースや当編集部の緊急記事が日本列島を駆けめぐったばかりで無く、
英訳されて海外ニュースとしても報じられ、日本国内だけでなく、世界中から
注目を浴びたのは事実であります。
筆者を始めとする被害者のサイドからは「やっと逮捕された」「やっと逮捕が実現した」
という被害者の怒りを感じたのも事実であります。
ですが、逮捕が実現したかと思えば、一ヶ月もしないうちに警視庁が処分保留で
釈放した事により、被害者はがっかりさせられたばかりでなく、佐久市の市民の
皆様からすれば町が再び治安悪化のベールに包まれたのと同じ事であり、
荻原瞬と仲間による悪事等に再び悩まされる事になったのは事実であります。
それどころか、連日のようにGoogleのサーチエンジンに対して荻原瞬にとって
都合の悪い記事等に対して未だに順位工作が行われているのも事実であり、
非常に問題があるのは事実であります。

荻原瞬本人の動きを見ておりますと、筆者を含む被害者に対して未だに謝罪の
言葉もなく、佐久市内を傍若無人に闊歩しているばかりでなく、違法行為に
ついての情報も出回っているのは事実であります。
この違法行為について筆者・編集部では昨年の警視庁との電話の中で捜査を
するべきであると云う事を話しましたが、長野県警は未だに考えを改めようと
していないのは事実です。
いい加減に長野県警は庁舎を建て替える前にどうして考えを刷新できなかったのか
という疑問があるのは事実です。
警視庁には長野県警を指導監督する立場でありますので、長野県警を正して
頂きたいという事と違法行為については速やかな逮捕をして頂きたいかと
思います。
長野県警は警視庁の指導を受け入れ、暴力団との癒着から立ち切り公平な
警察活動を行って頂きたいのは筆者だけでなく、そこに住む市民の皆様のため
でもありますので暴力団いない県を目指して頂きたいかと思います。

荻原瞬にはいい年をして暴力団構成員をしていても徳はありませんので、
被害者に謝罪をすると共に暴力団を脱退して更生するべきだと思います。
それこそが自分のため、妻のため、子どものためであるという事を含めて
考え直すべきだと思います。

佐久市の呆れたチンピラの逮捕劇から1年を迎えましたが、現状を打破する
ためにも当編集部では今後共に活動を続けていく方針には代わりありません。
1周年の日の特集でした。






2018/07/23(月) | 長野県佐久市荻原瞬問題 | トラックバック(0) | コメント(0)

七夕暴行脅迫事件から32年

本日は平成30年7月7日です。
世間では楽しい七夕の日となりますが、筆者にはあの忌ま忌ましい事件の
日となります。
今年で事件発生から32年を迎えました。
今年はこの事件についてYouTubeにてライブトークを行いました。




お詫びとお知らせ
先日のライブ中継時に機器の不調により、中継がうまくいかなかった事とライブ終了後に
自動アップロードされた動画について不調があり、ご迷惑をおかけした事につきまして
筆者・編集部ではご視聴頂きました読者の方々に対しましてお詫びを申し上げます。
尚、中継に使ったソフトにバックアップのファイルが残っておりましたので、改めて
ライブ中継の模様をファイルより再度、YouTubeにてアップロードさせて頂きました。

毎年の事にはなりますが、筆者はこの日が来ますといつスーパー問題職員YA
筆者の事を殺しに来るのではと云う不安にかられる恐怖を32年経った現在においても
感じているのは事実であります。
筆者だけでなく、この当時に誠明学園において職員から受けた暴力は生徒達の心に
多大な傷を残し今に至っているのは事実であります。
今年4月にはスイスの報道においてこれらの被害を受けた元生徒達が政府からの
補償事業の募集をしたところ、9,000名集まり、現在の段階で日本円で230億円も
政府が賠償しなければならない事態になっておりますが、日本ではこの問題に
ついて何も触れずにとぼけておりますが、このまま放置すれば損害が拡大し、
最終的には日本政府と云い、地方公共団体と云い、市町村は児相の拉致問題
から施設内暴力と虐待等の損害について賠償と云う事になります。
そして賠償を実行すればたちまち北海道の夕張市のように財政再生団体入りする
のは必至であり、日本の財政は破綻するのは見えております。

筆者もこの事件だけでなく、人の人生に一回しか入手ができない卒業アルバムの
掲載妨害の被害もあり、スーパー問題職員YAが筆者にもたらした損害とトラウマ
等の事を考えますと非常に今でも腹立たしく感じております。
東京都福祉保健局と総務局は直ちにスーパー問題職員YA等の暴力問題職員を
懲戒免職にし、筆者に対する賠償と謝罪とアフターをするべきだと思います。

今夜も筆者はスーパー問題職員YAに暴行と脅迫を受けているシーンを
思い出してうなされる事になりそうです。



2018/07/07(土) | スーパー問題職員YA | トラックバック(0) | コメント(0)

YouTubeライブ放送のお知らせ

本日、20:00以降に準備が出来次第、YouTubeにて試験も兼ねて
ライブ放送を行います。
本日の放送内容は昭和61年7月7日に発生しました七夕暴行脅迫事件
中心に施設内暴力と虐待がもたらす影響や児相問題についても
触れる予定です。
ライブの模様は放送終了後に自動的にYouTube動画としても配信しますので
録画でもご覧いただけますのでよろしくお願い申し上げます。
ライブ中の告知は別途、サイトにて行いますので、YouTubeで検索を
お願い申し上げます。

                       2018年7月7日

                         業界スコープ編集部
                         業界レーダー編集部



2018/07/07(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

7月1日(2018年)

本日は7月1日本番の日となりました。
昨年はいつもの話と併せて佐久市のチンピラでおなじみの荻原瞬が
脅迫容疑で警視庁に逮捕されるという衝撃の事件がありましたが、
今年の編集部のはどのようになるのか??な状態であります。
今月は毎年繰り返される児相と警察による拉致・補導キャンペーンが
展開される時期ですので、読者の皆様には十分ご注意頂きたいかと
思います。
最近の児相がらみのニュースを見ておりますと、一連の目黒での
虐待保護放棄殺害事件をネタにして厚労省と児相と警察がとんでもない
便乗キャンペーンを展開しております。
そしてニュースを見ておりますと、相変わらず「児相を増やせ」「施設を増やせ」等
の出来レース報道も行われておりますが、これらのウソっぱじなキャンペーンは
児相被害を撲滅する会が国連に提出した代替報告書について握りつぶそうと
云うことと、日本がアメリカから指摘されたハーグ条約不履行に対して日本政府が
履行していると居直っているとしか云いようがありません。
これらのくだらない政府や厚労省や児相や施設の業界のニュースを見ておりますと、
筆者・編集部としましては非常に腹立たしいとしか云いようがないのは事実であり、
連日のニュースのアラートを見ておりますと出来レース報道の山ばかりで呆れて
いるのは事実であります。


こんな状況下での7月1日となりましたが、読者の皆様には事故やケガも無く無事に
を思いっきり楽しんで頂ければと思います。



2018/07/01(日) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

今月の総論(2018年6月)

本日は6月30日、梅雨の季節も本日で終わりを告げようとしております。
この話の中で先程のニュースで関東地方は梅雨明けを宣言した事が
報じられておりましたが、今年度の6月は異常気象の最中での一ヶ月
だったと思います。
今月の筆者はお酒プロジェクトを軸に多忙究める一ヶ月でした。
そしてこの異常気象のせいか体調も悪く、何も出来ずに時が過ぎた
ような気がしてなりません。
このような最中での月末ですが、今月は振り返る記事をお休みにさせて
頂きたいかと思います。

明日からは7月1日、夏が始まりますので、読者の皆様には事故や食中毒等の
事故もなく思いっきり夏をお楽しみ頂ければと思います。


2018/06/30(土) | 筆者・編集部 | トラックバック(0) | コメント(0)

【今度はダイオード!?】溶接機の充電系統に異常が発見されました

先日の記事で溶接機のバッテリー交換を行い、テストをしてホッとしたかと思ったら
充電が出来ないトラブルが発生した事を書きましたが、事態はとんでもない方向に
進もうとしております。

先日の記事でバッテリーの端子の調子がおかしいと書きましたが、その後、ブースター
ケーブルで機器のバッテリー端子に直結するなどの試験を行ったりして故障箇所を
探す事に追われました。
ですが、バッテリーと直結をすると、充電器が停止するという故障が新たに発見され、
バッテリー直結試験やテスターでの電圧測定の結果、バッテリー端子には異常がない
事もわかりました。
ですが、不具合箇所はどこかに絶対ありますので、筆者はデジタルテスター
疑わしい箇所を調べておりましたが、充電機構にある整流用のブリッジダイオード
怪しいという事がわかりました。

中華製デジタルテスター 中華製デジタルテスター ホームセンターで1,600円

コントローラー上部
コントローラーを上から見たところです。(筆者撮影)

不具合が発見されたダイオードの場所
新電元工業製S25VB60整流ダイオード基盤側ダイオード
それぞれの写真をクリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

ですが、これらの部品は汎用FA(ファクトリーオートメーション)等に使われている汎用品が
使われており、部品の型番等から新電元工業製の製品であることがわかりましたので
いつもの業販サイトにて検索してみたところ、大きい方のダイオードはありましたが、
基盤側のダイオードは生産が終了し、代替品が出ておりました。
しかし、出荷単位が10個単位と数量が多すぎますので新たに見つけた業販サイト
探したところ、1個単位でありましたので両社に対して本日、部品の発注を行いました。

部品の発注は終りましたので、後は届いてからの仕事となりますが、その間に充電が
されていない状態で電池を放置することはバッテリーの寿命に悪影響を与えかね
ませんので、5月の給湯器のリモコンの取り付けの際に余った電線を活用して
緊急充電のためのケーブルを作成して3月に導入しました大自工業製SC-1200
低アンペア電流(2A)での充電で復旧作業を記事を執筆している現在も進めて
おります。

大自工業製SC1200で緊急充電中
即席で緊急充電ケーブルを制作し、大自工業製SC-1200で緊急充電中です。
この充電器は価格の割に様々な種類や容量のバッテリーに対応します。
安全性も高く、扱いも簡単ですので一家に1台あると便利な万能マイコン充電器です。


中古機器は中古車同様に不具合があるのはつきものですが、部品交換で何とか
復旧すればと思っております。
苦労の連続が続く筆者の現状でした。





2018/06/24(日) | 編集部の模様替え/修理等 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »